理学療法士・作業療法士の国家試験とは?実施時期や難易度はどのくらい?

この記事では理学療法士・作業療法士の国家試験の実施時期や概要、難易度などについてまとめています。

学療法士・作業療法士の国家試験とは?

理学療法士・作業療法士は「国家資格」です。国家資格とは、国が法律で定めた、国や地方自治体などが認定する資格。民間資格に比べて取得が難しく、理学療法士・作業療法士の場合は養成校で学びしっかりと勉強をした上で国家試験に臨む必要があります。

養成校では、学ばなければならないカリキュラムが定められています。大きく分けて、一般教養科目・専門基礎科目・専門科目・臨床実習の4種類です。

通常、理学療法士・作業療法士の国家試験では在学中に臨床実習を行う事で実技試験が免除され、筆記試験を受験している形になります。

これらを学ぶことは決まっていますが、国家試験合格のためにどんな勉強をするのか?苦手分野の克服方法や対策スケジュールの立て方など、養成校によってさまざまな取り組みを行っています。

学校によって特色が違いますので、学校選びの際は「国家試験対策をしています」という情報だけでなく、「どんなことをしているのか?」まで、しっかり判断して決めると良いでしょう。

理学療法士・作業療法士の国家試験の実施時期は?

理学療法士・作業療法士の国家試験は年に一度だけ実施されます。毎年2月の最終日曜日(またはその前後)に実施されていますが、正確な実施日が毎年決まっているわけではありません。

例えば、2022年2月の最終日曜日は27日ですが、実際の国家試験は2月20日に実施されます。

理学療法士・作業療法士の国家試験難易度は?

近年の理学療法士・作業療法士の国家試験合格率の全国平均は80%前後で推移しています。

3年または4年間、養成校でしっかりと勉強した人でも20%ほどは不合格になる可能性もあると考えると、決して優しい試験というわけではないでしょう。

さらに、現役の学生ではなく養成校を卒業した後に受けた場合、合格率は理学療法士で40%、作業療法士で20%と大変低くなります。この数値によって、学校でのリアルタイムな国家試験対策が重要ということがわかりますね。

国家試験対策は、きちんとスケジュールを立て、1年生から国家試験合格を見据えて計画的に実施する必要があります。

国家試験は最低でも6割以上の得点を取ることがボーダーラインとされています。国家試験は280点満点ですので、168点以上取れれば合格することができます。

専門学校の基準の一つ「職業実践専門課程」とは?理学療法士・作業療法士の進路選び

専門学校の進路選びにおいて一つの基準となる「職業実践専門課程」はご存知でしょうか。この記事では「職業実践専門課程」についてまとめていますので、専門学校選びの参考にしてください。

専門学校の基準の一つ、職業実践専門課程とは?

理学療法士・作業療法士を目指す方は、まずは専門学校のような養成校を選ぶところから始めるかと思います。

その学校選びで一つ基準として見ていただきたいのが、「職業実践専門課程」について。これは、専門学校のうち、企業等と密接に関係して、最新の実務の知識・技術・技能を身につけられる実践的な職業教育に取り組む学科を、文部科学大臣が「職業実践専門課程」として認定しています。

理学療法士・作業療法士を目指すための学校の場合は、病院や福祉施設との連携がきちんととれていて、現場に則した学びが得られるかどうかが判断されます。

職業実践専門課程に認可されるということは、文部科学大臣に認められた、職業に必要な能力や確かな技術が身につけられる学校であることの証明になります。

「職業実践専門課程」と認定されている学校には、下記のような特徴があります。

1.病院や施設等が参画する「教育課程編成委員会」を設置してカリキュラムを編成している
2.演習や実習の授業を実施している
3.最新の実務や指導力を修得するための教員研修を実施している
4.病院や施設等が参画して学校評価をしている
5.カリキュラムや教職員等についてホームページで情報提供している

 

この制度は、より実際の現場に即した講義をしたり、実習・実験をしたりすることなども想定されています。職業実践専門課程に認可されているところで学ぶと、理学療法士・作業療法士として免許を持っており現場で活躍している質の高い先生から指導を受け、協力している企業から最新の情報を得られ、現場実習を通して職業に必要な能力を身につけていくことができます。

クリアな情報公開!安心できる学校の証明

職業実践専門課程は、病院や施設等が参画して学校評価を行い・学校のカリキュラムや教職員についての情報をホームページに掲載しなければ認可されません。認可されているということは、きちんとルールを守ってカリキュラム編成が行われている、クリアな学校であるという証明になります。

今はどこの学校もホームページを有していますが、出さなければならない情報提供が見受けられないところも多々あります。職業実践専門課程に認可されているところでは、教育に関する様々な情報がきちんと明記されているので安心できます。ちなみに、全国の専門学校で職業実践専門課程の認定を受けているのは29.5%。残りの70.5%は認定を受けていません。

これから理学療法士・作業療法士を目指して学校選びをする皆さん!進学を検討している学校が職業実践専門課程に認定されているかどうかも、学校選びの新たな参考材料のひとつとしてみてください。

就職を重視した学校が最先端!今後について

専門学校は各学校でオリジナルのカリキュラムを有し、高い職業教育・人材育成をしてきました。また、最近では大学でも、専門学校に近い教育を行い就職を重視しているところも少なくありません。大学も専門学校も入学するのが目的ではなく、その先の就職・そして現場に出てからを見据えた教育が求められています。大学も企業との連携がこれまで以上に推進されると思われます。

また、世の中の流れが今後就職重視になっていくと、本当の意味で就職に強い学校を見極めることは難しいかもしれません。ですが、まだまだ新しい制度である職業実践専門課程にいち早く認可され、就職とその先を見据えた教育を勧めている学校であれば、今後更なる教育の質の向上が見込めるでしょう。これからの学校選びに、是非参考にしてください。

フィジカルアセスメントとは?理学療法士・作業療法士の基礎知識

フィジカルアセスメントとは

フィジカルアセスメントとは「フィジカル(身体的な)」「アセスメント(情報を意図的に収集して判断する)」という言葉の意味の通り、さまざまな情報を統合して患者さんの状態・状況を判断することです。

日本語では身体診察技法とも呼ばれ、症状の把握や異常の早期発見のために行われます。

フィジカルアセスメントにおいて欠かせない情報は「患者さんやご家族への問診で得られた主観的な情報」と「視診、触診、聴診、打診などの身体診査によって得た客観的な情報」です。これらを総合的に判断します。

フィジカルアセスメントはまず問診によって患者さんの主観的な情報を収集し、その後身体診査を行って客観的な情報を集めます。

それらを解剖生理や正常範囲、症状の経過などと照らし合わせて、健康状態や、それが今後どのように推移していくかを判断します。

フィジカルアセスメントの注意点

フィジカルアセスメントは具体的なケアに繋げていく方法であることを意識しましょう。その状態にある患者さんに対し、次にすべきことは何かを考えて行動するために行います。

理学療法士や作業療法士がフィジカルアセスメントをする上で押さえておきたいのは、「疾患や状態に応じてフィジカルアセスメントを確認する」ということです。

疾患にせよ障害にせよ、急性期ではまず状態を確認して、安全かつ早期に離床させることがリハビリの目的となります。

そのためには血圧や脈拍、体温、呼吸数、意識レベルといったバイタルサインだけでなく、フィジカルアセスメントの知識も必要です。

不完全な状態で離床を促して、患者さんに不利益が生じることがないように、理学療法士・作業療法士はしっかりポイントを押さえておきましょう。

フィジカルアセスメントの流れ

フィジカルアセスメントはまず問診によって患者さんの主観的な情報を収集し、その後身体診査を行って客観的な情報を集めます。

・問診

問診では質問や対話を通じて、患者さんの身体状態を確認します。それに加えて、病状にあわせた具体的な質問をしていくことが重要です。5W1Hを基本にしていくといいですね。

・視診

視診は視覚だけでなく、聴覚・嗅覚も用いて行います。どのような病状であっても、必ず初めに行う身体診査です。患者さんをよく観察するだけでも、多くの情報を得ることが出来ます。顔色が悪い、浮腫がある、唇や顔面にチアノーゼが出ているなどを確認しましょう。

 

 

・触診

触診は手指で直接触れて、皮膚の状態(温度・湿度・振動の有無など)を確かめる身体検査です。バイタルサインのひとつである脈拍測定も触診にあたります。何を診るかによって、手のどこを使うかも変わります。手にはそれぞれ異なる感受性があるからです。

・聴診

聴診器を用いて患者さんの呼吸音や心音、腹部の蠕動運動などを聞く身体診査です。呼吸音の場合はどんな雑音がするのかよりも、どの部位で雑音があるのかを確認することが大切です。左右差や正常音との違いを知っておきましょう。

・打診

打診は身体の表面を軽く叩き、その音によって身体内部の状態を判断する診査です。手首のスナップをきかせながら、垂直に2回トントンと叩きます。利き手の中指で、利き手でない方の中指の第一関節(遠位指節間関節上)を叩くのがポイントです。

理学療法士・作業療法士は、これらの情報を解剖生理や正常範囲、症状の経過などと照らし合わせて、健康状態や、それが今後どのように推移していくかを判断していきます。