それぞれの物語
AO入試情報夜間部支援金情報

レポート

Report

HOME - レポート - 理学療法士・作業療法士の学校選び!学校パンフレットを見比べる7つのポイント

理学療法士・作業療法士の学校選び!学校パンフレットを見比べる7つのポイント

Report理学療法

2021.11.23

理学療法士・作業療法士といったリハビリ職を目指すためには、養成校に通わなければなりませんが、どうやって学校を選べば良いでしょうか?

まずは「ネットで検索してみる」「高校の先輩が行っている学校を聞く」「先生に教えてもらう」…などなど、候補を探すところから始めましょう。そして候補をピックアップした後は、学校の資料(パンフレット)を請求しましょう。

「どんな学校なのかな?」「どんな就職先があるのかな?」といった疑問が、パンフレット一冊で解決!授業内容や学校の雰囲気はもちろん、国家試験の結果や就職状況などについて、より詳しく知ることができます。興味を持った学校があったら、パンフレットをもらって内容を確認してみましょう!

パンフレットとホームページをうまく使い分けよう

最近はホームページにもたくさんの情報が載っていて、「資料請求って必要なの?」と思う人もいるかもしれません。ですが、紙のパンフレットは、いつでも手元で開けるメリットがありまし、保護者の方と一緒に見る時や、2つ以上の学校を見比べる時などは、やはりパンフレットがあると見やすいです。

一方、ホームページには、紙のパンフレットにない詳細情報や特集などが掲載されていることも。スマホからでも確認でき、学校によっては最新情報が随時更新されているなどのメリットがあります。紙のパンフレットとホームページ、両方をうまく活用して、情報収集を行いましょう!

学校パンフレットを見比べる7つのポイント

理学療法士や作業療法士を目指せる学校には、それぞれ違った特徴や魅力がたくさんあります。進路を検討する際にチェックしたいポイントをまとめたので参考にしてみてください。それぞれの学校の特色をノートに書き出してみるのもおすすめですよ!

Point1 技術を磨く授業

理学療法士や作業療法士はなんといっても、就職後に患者さんに直接触れて治療を行う仕事です。そのためには確かな技術を身につけなければなりませんので、在学中に技術を身につけるための実技授業が充実しているかどうかについてもチェックしましょう。

実技授業の時間数や内容、また外部で行う臨床実習の時間数といったことや、授業中や放課後に先生たちはどのくらいフォローしてくれるのかなどなど、実践力のある理学療法士・作業療法士になるために、しっかり技術を身につけることができる学校を選びましょう。

Point2 国家試験対策と合格率

どういった国家試験対策をしているかどうかも、重要なポイントです。国家試験を受けるのは最終年次ですが、直前でバタバタと対策をしても詰め込み学習には限界があります。早めの段階からきちんと対策をしてくれている学校かどうかを、見てみましょう!苦手な分野を克服するプログラムや、グループで教え合うプログラムがあるところは、勉強に不安がある人でも安心して学べます。さらに、先生が一人ひとりに合わせてしっかりフォローしてくれる学校だとより安心です。

Point3 就職実績と就職サポート

晴れて理学療法士・作業療法士の国家試験に合格した後のことも見てみましょう。理学療法士・作業療法士は社会ニーズが高い職業です。他の職業に比べて就職率は高いと思いますので、できれば就職先もチェックしてみてください。理学療法士・作業療法士の勤務先として多いのは病院ですが、一言で病院といってもそれぞれに色々な特徴があります。どんな病院なのか・どこにある病院が多いのかなどもチェックしましょう。行きたい就職先に就職できるよう、サポートがきちんとしているかも大切です。

Point4 設備について

理学療法士・作業療法士になる勉強では、たくさんの設備や機器が必要となります。必要な設備が揃っているかはもちろんですが、学生が自由に使えるかなども見てみましょう。自習室や図書室などの設備も要チェックです。こちらはパンフレットに掲載していない学校も多いですが、その場合はオープンキャンパスに足を運んでみましょう!

Point5 先生について

先生について見るポイントは、今でも医療の現場で理学療法士・作業療法士として活躍している先生かどうか。現場経験の豊富な先生であれば、教科書に載っている内容の勉強だけでなく、就職してから役に立つ技術やノウハウを教えてもらえます。カリキュラムで決まっている内容以上のものを得られるかどうか、先生の情報についても見てみましょう。

Point6 学費サポートについて

理学療法士・作業療法士になるためには、実習が必須です。学費を見る際には、授業料だけでなく実習費や設備費などもしっかり見ましょう。学校によっては、入学後に実習費等でまとまった金額が必要になる場合がありますので、学費以外に必要な金額も確認できると良いでしょう。また、奨学金などのサポートを独自に設けている学校もありますので、自分に合ったものがあるかどうか確認してみましょう。

Point7 入試制度について

学校によって、色々な入試方法があります。こちらも資料請求をしたら学校パンフレットと一緒に募集要項が送られてくるはずですので、確認しましょう。「サッカーが得意だから、面接でアピールしたい」「吹奏楽部だから、将来は音楽で人を癒したい」など、今の部活や経験が自己アピールとして活かせる学校もあります。

学校パンフレットは何校くらい取り寄せればいいの?

学校パンフレットは何校くらい取り寄せれば良いのでしょうか?これは、人によって異なりますが、「もうこの学校に決めた!」と1校しか取り寄せない人もいますし、「全然決められない」と、10校以上取り寄せる人もいます。平均すると、3~4校取り寄せる人が多いようです。先生や先輩、親御さんとも相談し、気になる学校を調べてパンフレットを取り寄せましょう!

ほとんどの学校では、パンフレットは送料含めて無料になっています。学校のことを「もっと知りたい!」と思ったら、気軽に申し込んでみてください!

ただし、大手の進学情報サイトでは、「10校まとめて請求すると図書カードプレゼント!」などといったキャンペーンを開催していることがよくありますが、むやみやたらと興味もない学校のパンフレットを請求しても混乱するだけですからやめておきましょう。

グループ校

問合せ
資料請求
オープンキャンパス
個別相談会