飛行機人間を育てること

理学療法学科夜間部教員の有本です。今回は、地域リハビリテーションを一つのキーワードとして話をしてみたいと思います。

 

 

地域包括ケアシステムとは…

 

 

「自助・互助・共助・公助」により、住み慣れた地域で安心して生活できるよう様々な資源を活用して、包括的な支援・サービスを提供していくシステムの構築を実現させる取組です。

 

 

厚生労働省ホームページより

 

 

なぜ、こうした地域ケアシステムが推進されるのでしょうか?

 

 

それには、日本が抱えている問題、それは少子高齢社会が大きく関与しています。

 

 

 

私は現在「地域理学療法」という科目を担当しており、地域リハに関して考えてもらう授業を心掛けています。

 

 

地域リハを展開していく際には、多様な価値観によって生活をしている方々に接します。一セラピストの主観だけで対応できるものではありません。リハビリテーションでよく言われている、他職種協働の作業がより一層求められると思います。

 

 

そこで直面する課題は一対一の対応をしている訳ではなく、多面的な側面から問題を捉える視点が必要です。こうした場面では、知識を活用する能力、他者に考えを伝える能力、他者の意見を聞く能力といったものが欠かせません。知識偏重のキーワードを覚えるだけの学習ではなく、そうした能力を育むことも大切だと考えます。

 

 

日本の教育は、脱知識偏重を掲げて「ゆとり教育」を展開しました。ところが結果として学力低下を招いたとして、失敗の烙印を押されてしまいました。しかしながら、近年では「アクティブラーニング」が広く展開され、伝達された知識を暗記するだけではなく、テーマに対して自らの考えを述べ、他者と意見を交換する取り組みがなされています。

 

 

セラピストの養成校で学ぶ学生は、学習する範囲が大変広く、また仕事をしながら学校に通うなど大変忙しい状況にあります。そうした状況においては、効率よく結果を得たいと思う気持ちもわかります。効率よく学習し答案に正解を記入する作業は、学校という限られた空間においては通用しますが、さまざまな問題・価値観が混在する社会に出ると戸惑うことも多いと思います。

 

 

外山滋比古氏は、『思考の整理学』という著書のなかで「グライダー人間ではなく飛行機人間を育てないといけない。」と述べています。

 

 

グライダーは自分では飛ぶことができず、先導するものが必要です。他者の力で上空まで引き上げてもらい行き先も風任せです。それに対して飛行機は自らのエンジンで上空に昇り、目的とする場所に飛んで行けます。

 

 

当校の理念でもある「人間性豊かな即戦力」とは、グライダー人間ではなく飛行機人間を育てることであると思います。

 

 

地域リハビリテーションにおいてもそうした能力が求められていると強く感じます。もっとも、地域リハに限ったことではなく臨床では総じて求められているものだとは思いますが。

 

 

地域リハというものを通じて、学びというものを一度見つめ直してもらえたら、とも思います。

 

 

『思考の整理学』、この本は大変示唆に富む良書です。皆さんも読んでみてはいかがでしょうか。

知識を深める

先日、日リハ卒後セミナーを開催いたしました。第8回となる今回のテーマは作業療法学科の松生先生による「認知症講座~初級編」でした。

 

 

 

 

前半に松生先生から認知症概論についての講義の後、グループでローププレイングを行い、意見交換を行いました。

 

 

 

 

 

 

今回は初級編ということもあり、比較的卒業して間もない卒業生の方が多かったように思います。

 

 

 

 

このように日リハなら、卒業してからも知識や技術を深めていくことができるのです!そして、実際に現場で働き始めたからこそ、こうした勉強会での内容が、より一層深く知識として身につくのではないでしょうか。

 

 

みなさん、お疲れ様でした!

 

 

 

OSCE!

先日、理学療法学科昼間部でOSCEを行いました。

 

OSCEとは、Objective Structured Clinical Examination(客観的臨床能力試験)の略で、実習前に実際の治療現場と同じ条件のもとで模擬患者様に対して問診や検査などを行い、患者様への対応をチェックする授業で、日リハの特長のひとつです。

 

 

 

 

理学療法学科昼間部では、3年生の評価実習前に実施しています。

 

 

 

 

患者役は4年生が担当します。

 

 

 

 

4年生は患者役を経験することによって「検査を受ける患者さんの身になって考えることができるようになる」という意味でも良い勉強となると思います。

 

 

 

 

評価とフィードバックは主に4年生が行いますが、先生たちが声をかける様子も見られました。

 

 

 

 

3年生はグループに分かれて、ひとりずつ順番に実施します。早く終わって緊張から放たれた学生は、その様子を緊張しながら順番を待つ学生に伝えています。

 

 

 

 

全て終わった放課後、早速、3年生は居残りで上手くできなかったことの復習をして、これから迎えるTASや、評価実習に備えていました!

 

 

 

 

長期実習までに、学内でしっかりと時間をかけて準備ができるのも、4年制の日リハならではの特長ですね!