アジア特別賞受賞!!

この度、アジアパラリンピック委員会(APC)理事会において、アジア地域の障がい者スポーツの発展に寄与した者を顕彰するAPC大賞のアジア特別賞を当校の陶山哲夫先生(校長代行)が受賞しました!!!

 

 

\ パチパチパチパチ /

 

 


 

 

 

以下、日本パラリンピック委員会ホームページより引用です。

 

 

この度、2019年2月5日にアジアパラリンピック委員会(APC)理事会において、アジア地域の障がい者スポーツの発展に寄与した者を顕彰するAPC大賞に、アジア特別賞を陶山 哲夫(すやま てつお)氏が受賞、アジア大賞を関 幸生(せき ゆきお)氏が受賞しました。

アジア特別賞は自らの行動を通じてAPCの理想を体現した者、障がい者スポーツ界に顕著な功績を残した者、またはAPCの利益のために長期に渡り貢献した者に授与される賞です。

陶山哲夫氏は公益財団法人日本障がい者スポーツ協会理事及び医学委員会委員長を務めていますが、アジアパラリンピック委員会でも理事・医事科学委員会委員長を務めるなど、永年にわたる貢献をしてきたことが評価されての受賞となりました。

アジア大賞は、2016年11月以降に競技大会においてリーダーシップを発揮した大会役員に授与される賞です。

関幸生氏は一般社団法人日本パラ陸上競技連盟理事で、世界パラ陸上競技連盟でも複数の役員を務めており、アジアパラ競技大会での技術代表としての活躍が評価されての受賞となりました。

 

 

 

日本パラリンピック委員会プレスリリース(PDF)

​東京都知事から表彰を受ける卒業生

東京で唯一の【理学療法士×加圧】トレーニングスペースアローを運営されている株式会社アローという会社では、日リハ理学療法学科卒業生の菅原祐太先生がフィットネススタジオ事業責任者として活躍されています。

 

 

 

株式会社アローという会社は理学療法士5人で運営していて、社長も理学療法士(さらに現役の総合格闘家という一面も!)だそうです。

 

 

 

先日、平成30年度の東京都スポーツ推進モデル企業が発表されましたが、名だたる大企業が名を連ねる中、実践部門で「株式会社アロー」も選ばれていました!

 

東京都スポーツ推進モデル企業の一覧はこちら

 

 

理学療法士の運営する企業、社員10人以下の小規模事業としては初めての事なんだとか!

 

 

菅原先生、株式会社アローの皆様、おめでとうございます!!!

 

 

 

 

先日、その表彰式で株式会社アローのみなさんが、東京都知事から表彰を受けていました。東京MXのニュースでも放送されていたので、ご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

 

右から2番目の方が菅原祐太先生

 

 

表彰式の様子はこちらの株式会社アローのホームページをご覧ください。

 

 

 

菅原先生の今後のご活躍、および株式会社アローのさらなる発展をお祈りしています!!

 

 

 

【株式会社アロー 関連リンク】

 

ホームページ

 

Facebook

 

アメブロ

 

Instagram

 

 

雨でも気持ちは晴れやかに

4/10(水)今年度の入学式を明治神宮記念館にて開催いたしました。

 

 

 

当日は、季節外れの寒い雨の日となってしまいましたが、新入生のみなさんは気持ち晴れやかにこの日を迎えられたことと思います。

 

 

 

 

 

同窓会の皆様から、素敵なお花を送っていただきました。

 

 

 

 

新入生のみなさん、即戦力の作業療法士・理学療法士を目指して、一緒にがんばっていきましょう!!