片麻痺用下肢装具について学ぶ

日リハでは、卒後教育講座を開催し、理学療法士・作業療法士として活躍されている卒業生のスキルアップを応援しています。

 

 

先日、理学療法学科の木下先生が、「超入門!片麻痺用下肢装具(長・短下肢,硬・軟性)」として、装具に関する卒後教育講座を開始しました。

 

 

木下先生は、理学療法士と義肢装具士のダブルライセンスをもって、急性期・回復期・慢性期などの多くの病院で30年以上にわたり勤務した経験があります。

 

また、大学で教えていたこともあるなど、指導者としても多くの経験を持っています。

 

 

 

 

 

そんな木下先生が、セラピストとして活躍している卒業生のために、片麻痺用下肢装具について、実践的かつ本質的な装具療法を、セラピストになりたての卒業生から、セラピストとして多くの経験を積んできた卒業生のどちらにとっても深い学びになるように教えてくれました。

 

 

当日は、下肢装具についての基礎から復習し、実際に片麻痺用装具を触り、実際に自分たちの下肢に装着して歩いてみます。

 

 

その時の様子を卒業生の方が撮影してくれましたので、よろしければご覧ください。

 

 

※音声は消してあります

 

 

 

木下先生がやると簡単そうに見えますが、熟練されたテクニックがあるからこそ、簡単そうにできてしまうんですね!

 

また、実際に歩いてみることで、患者様の気持ちを感じることもできたことでしょう。

 

 

※音声は消してあります

 

 

今回の講座を通して、参加した卒業生の皆さんは、主に4つの事を得ることができたことと思います。

 

 

1.装具を装着している患者さんの気持ちと身体の感覚を体験できます。

 

2.装具の選択基準が理解できます。

 

3.装具ごとの運動療法が理解できます。

 

4.採寸時に義肢装具士と会話ができ、細かいオーダーができるようになります。

 

 

 

ぜひ今回の講座で学んだことを現場に持ち帰り、役立ててくださいね。

 

 

 

日リハは今後も卒後教育講座を開催いたします。

 

 

 

卒業生の皆様、お忙しいかとは思いますが、ぜひこのような機会を利用して、ご自身のスキルアップにつなげてください!!

資料発送遅延のお知らせ

台風15号の影響により、週末~本日にご請求いただきました資料の発送に、遅延が生じております。

 

 

お待たせして大変申し訳ございませんが、到着までしばらくお待ちくださいますよう、お願い申し上げます。

 

 

長期実習に備えてしっかり準備

日リハの即戦力教育の一環として行っている取り組みとして、卒業生の模擬患者演習(Teaching Assystant System)があります。

 

 

この模擬患者演習は、3年生になってから、長期実習に備えて行う取り組みで、昼間部でも夜間部でも同じように実施しています。

 

 

 

先日、理学療法学科夜間部の3年生が、この模擬患者演習を行いました。

 

 

 

 

 

 

この模擬患者演習で身につくこと(得られること)をはたくさんありますが、ここではあえて3つに絞ってあげてみます。

 

 

●今まで学内で学んできた知識や技術を体系的に整理できる

 

入学してからたくさんの事を学んできました。解剖学、生理学、運動学といった基礎医学の勉強から始めて、疾患について学び、疾患別のリハビリテーションを勉強してきました。

いままで学んできたことをこの機会にいったん整理し、「具体的に現場ではどのよなリハビリテーションを行っていくのか」を考えながら、体系的に整理し確認することができます。

 

 

●現役の理学療法士・作業療法士(卒業生)に手取り足取り教えてもらえる

 

現役で現場で働いている理学療法士・作業療法士(卒業生)から直接手取り足取り教えてもらうことができるので、現場で必要とされているテクニックであったり、教科書には載っていないようなちょっとしたコツ等も教えてもらうことができます。

現場で働いているからこそわかることって、机上の勉強だけではどうしても身に付きにくいですからね。

 

 

●長期実習に備えて、緊張感のある中でもしっかり対応できるようになる

 

日リハでは3年生の後期から長期の実習が始まります。長期の実習では、基本的に一人一施設で実習をさせていただきますので、かなり緊張感も高い状態が続きます。

前準備が不十分な状態で実習に行っても、「何をどう動いたらいいかわからない」といった状況になってしまうかもしれません。しっかりと準備をしてから実習に臨むことで、より実りの多い実習となることでしょう。

 

 

 

 

他にも、卒業生との交流ができたり、自分のできること・できない事を確認して、強みを伸ばしたり、弱点を克服したりといった対策がとることもできますね。

 

 

 

今回の模擬患者演習で、夜間部の学生のみなさんは、卒業生とマンツーマンでみっちり指導してもらう事が出来ました。

 

 

 

ぜひ、この機会をいかし、これから始まる長期実習に備えて、しっかりと準備を進めていってくださいね。