学費を月ごとの12回に分けてお支払いいただける『学費月払い制度』のご案内【夜間部限定】

日リハの説明会に来校される夜間部希望の方々からよくいただくのが、学費の相談です。

 

 

「目の前で困っている患者様を助けられるよう、4年かけてじっくり勉強したいと思っています!ただ、学費が支払えるかが心配です・・・。」

 

 

作業療法士・理学療法士になりたい意欲はあっても、学費がネックになり「働きながら支払っていけるのだろうか」と、誰しもが気になります。

 

 

特に、夜間部では昼間は仕事をしながら学費に充てる収入を得て、夜に学校で勉強して理学療法士・作業療法士の国家資格取得を目指すという方がたくさんいらっしゃいます。

 

 

そこで、昼間働きながら夜間部で国家資格取得を目指したいとお考えの皆様にとって大きなハードルとなっている「学費」について、少しでも学費のお悩みを解消できるように、夜間部を希望されている方向けに日リハ独自の学費分納制度「学費⽉払い制度(毎⽉10万円の⼝座振替)」をご紹介します

 

 

その気になる制度の内容や、特徴はこちら。

 

 

学費⽉払い制度とは?

 

 

作業療法学科夜間部、または理学療法学科夜間部へ⼊学をされる⽅を対象として昨年より始めた制度で、学費を⽉払い(毎⽉10万円の⼝座振替)で納入することが可能です。

 

 

夜間部の年間学費120万円を12回に分けるので、無理なく学費をお⽀払いいただく事ができます。(1年次の年間学費のみ170万円で、入学前に50万円が必要です)
さらに、貸与型奨学⾦とこの制度を併⽤することで、月々のお支払い計画が立てやすくなります。

 

 

学費⽉払い制度4つのメリット

 

 

 

学費⽉払い制度を利用するにあたって、こんなメリットがあります。

 

 

【メリット1】入学前に必要なのは、入学金の50万円のみ

 

 

年間の授業料は入学後12回に分けて納めていただくので、無理なご負担がありません。

 

 

 

【メリット2】自動で引き落とされるので、払い忘れる心配がありません

 

 

口座振替は毎月27日。奨学金の振り込み後(または給料日後)で安心。

 

 

 

【メリット3】口座振替にかかる手数料は一切無料

 

 

口座振替に必要な手数料は全て学校が負担いたします。

 

 

 

【メリット4】手続きも簡単で、審査はありません

 

 

夜間部に入学される方全員が対象。手続きは事前の申請書(+誓約書)のご提出のみ。

 

 

 

貸与型奨学金との併用が可能

 

 

 

学費⽉払い制度を奨学金と併用すると、さらに月々のお支払い計画が立てやすくなります。

 

 

 

仮に、奨学金を利用しない場合は、入学前に50万円をお支払いいただき、4月から毎月27日に10万円が自動で引き落としとなります。

 

 

例えば、日本学生支援機構で第二種奨学金(有利子)を利用した場合、入学金50万円をお支払い後は、奨学金がご自身の口座に振り込まれるまで学費の支払いはありません。奨学金が振り込まれた7月以降、毎月27日に10万円が自動で引き落としとなります。

 

 

【日本学生支援機構ホームページ】

 

 

 


 

 

注1)この制度は本校で奨学金の採用を保証するものではありません。

 

 

注2)万が一、9月までに退学された場合は、前期分の学費(60万円)を、10月以降に退学された場合は後期分を含めた年間の学費(120万円)を全額納めていただく必要があります(誓約書をご提出いただきます)。

 

 


 

 

学費⽉払い制度では、毎月10万円ずつのお支払いが可能なため、入学手続き時の学費負担を大幅に軽減することができます。夜間部で作業療法士・理学療法士を目指す方は、この制度を利用して、ぜひ夢への第⼀歩を踏み出してください!

 

 

 

学費⽉払い制度のこと、学校のことを詳しく知りたい方は、学校説明会へお越しください。

 

 

学校説明会の日程はこちら