理学療法士・作業療法士の初任給は!?平均月収・年収と一般的なサラリーマンとの違いとは

理学療法士・作業療法士の給料について

理学療法士と作業療法士は、リハビリの専門職です。この2つの資格で働く内容には違いがあり、理学療法士が身体機能回復のためのリハビリを行うのに対し作業療法士は生活や仕事・社会適応に向けた心と身体のリハビリを行います。

担当するリハビリテーション業務に違いがある理学療法士と作業療法士ですが、給料については概ね同じと言えるでしょう。

平均の月収は28万円、平均年収は404万円、推定時給は1,700円です。(平成27年)

もちろんこれは就職先や勤務年数によって幅が出ますが、理学療法士・作業療法士の年収は、他の職種に比べて勤務先の「規模」ではあまり変化がないようです。

比較的規模の小さい、100人以下の規模に勤める理学療法士・作業療法士の平均年収は409万円です。それに対し、1000人以下は402万円、1,000人以上は412万円、10人以上規模平均は405万円となっており、統計的にあまり大きな差がないことがわかりますね。

就職先を選ぶ際、「規模が大きい方が年収が高そう」「規模が小さいとお給料も低いのかな?」と思う方も多いかもしれませんが、そんなことはありません。自分の働きたい形ややりがいを優先して選んで良いでしょう。

また、男女の年収差も基本的にはありません。

理学療法士・作業療法士は女性も働きやすい待遇の職場が多く、特に作業療法士は女性がメインになっている職場もあるようです。

女性に人気の秘密は待遇だけでなく、年収にもあるのでしょう。全年代の平均では男性の平均年収412万円に対して、女性は397万円となっています。男女差のが無いところも、女性が活躍しやすい職業と言えるのではないでしょうか。

初任給と新卒・中途採用の違い

新卒で理学療法士・作業療法士として働いた場合、初任給は22万円~25万円程度と言われています。

出身校が3年制の専門学校か、4年制の専門学校か、または大学かによって若干の違いは出てきますが、新卒採用の場合はほぼこの枠内の初任給になるでしょう。なぜなら新卒の場合は能力や経験値に大きな差がないため、概ね各施設とも同じ給料で人材を雇う傾向にあるからです。新卒で就職先を選ぶ際には、初任給の額よりも他の項目を重視して選ぶと良いでしょう。

中途採用で就職をする場合には、あなたの経験やスキルによって差が出ます。また、年齢や学歴、理学療法士・作業療法士以外で持っている資格などがあればそれも考慮され初任給が決まります。

例として、30〜34歳で6年程度の業務経験がある場合の平均給与は26〜27万円程度です。

中途採用の場合は、施設によってどの項目を重視し初任給を上げ下げするかが違うため、何に注力している施設なのかを見極めて就職活動を行いましょう。小児分野に力を入れている施設であればそこに直結する経験や資格があれば評価されるでしょうし、自己PRの仕方も変わってきます。

中途採用の場合は平均して、新卒採用より2〜3万円ほど多い初任給を貰う傾向にあるようです。

一般的なサラリーマンとの違い

では、理学療法士・作業療法士の初任給が一般的なサラリーマンとどう違うのか、見ていきましょう。

一般的なサラリーマンとは、ここでは4年制大学を卒業し新卒で就職した場合とします。その場合、平均初任給は20.5万円程度です。また、4年制大学卒ではなく、専門学校や短大卒の場合は平均初任給が17.6万円程度、高校卒の平均初任給は16.1万円程度です。

平均の初任給については、一般のサラリーマンよりも理学療法士・作業療法士の方が高いと言えそうですね。これはもちろん業種や地域で差が大きいので一概には言えませんが、理学療法士・作業療法士は医療職であり人の命を預かる仕事であるため、給料が高い傾向にあると言えるでしょう。

また、今後は高齢化社会に伴って介護事業・福祉事業で給料が増えることが想定されます。今後この開きは大きくなっていくことも考えられます。

高度専門士とは何ですか?理学療法士・作業療法士の専門学校選びの基準のひとつ

理学療法士・作業療法士の養成校には、卒業する時に「高度専門士」という称号が付与される学校があります。「高度専門士」とは何かというと、大学を卒業したときの「学士」とイコールの関係になる国が認定している称号です。

この記事では「高度専門士」の詳細と、付与される学校とされない学校の違いについて解説します。

高度専門士と専門士の違いとは

理学療法士・作業療法士を目指すならば知っておきたい「高度専門士」という称号。

専門学校や短期大学、4年制大学を卒業した人には、これらの高等教育機関での教育を修了したことを証明する称号や学位が与えられます。専門学校を卒業した場合は「専門士」、短期大学の場合は「短期大学士」、4年制大学の場合は「学士」が与えられます。これらの称号や学位は、就職する際に重視される事があります。

では高度専門士とは何か。これは専門学校の中でも、文部科学省が定めるいくつかの基準をクリアした4年制以上の専門学校を卒業した人にのみ、「高度な知識や技能を有し、4年制大学を卒業した者と同等の学力がある人材であることの証明」として付与されます。ですから、 高度専門士はただ4年制の専門学校を卒業すれば付与されるというわけではありません。

高度専門士を授与できる専修学校の専門課程の要件は次のとおり。

・修業年限が4年以上であること。
・課程の修了に必要な総授業時数が3,400単位時間以上(実時間で2,835時間・大学の約126単位相当の授業時間)であること。
・体系的に教育課程が編成されていること。
・試験等により成績評価を行い、その評価に基づいて課程修了の認定を行っていること。

-Wikipediaより引用

 
もちろん、こうした教育を受けた人材は社会でも重用され、その評価も確かなものとなっています。このような社会背景を受けて、専門学校で4年間の教育課程を経た人材を対象に、「高度専門士」という称号が誕生することになったのです。

理学療法士・作業療法士を目指す学校を選ぶ上でも、「高度専門士」という称号が得られる学校は、文部科学省が認めた高い知識や技術を得られる学校という証明になります。

高度専門士は就職に有利で大学院にも行ける

高度専門士という称号を付与されるメリットは、まず就職活動時のアドバンテージ。4年間にわたって専門技能を修得してきた実力は、これまで以上に正しく評価されるはずです。

また採用後の待遇面でも、「高度専門士」は大卒の「学士」とほぼ同等の称号としてみなされるため、初任給や昇給に差が出ることは少なくなります。もしかすると、今後は学士イコール研究者、高度専門士イコール専門技術者という区分けが明確になるかもしれません。

そしてもう一つのメリットが、大学院への進学です。これまで、専門学校で技術を学び、より深い知識を得ようと考えても、大学院への進学はすぐにはできませんでした。こうした場合、一度4年制大学へ編入し卒業することで、学士の肩書きを得てから大学院をめざすことが通常のコースだったのです。

けれども専門学校を卒業し、「高度専門士」の称号を付与されることで、4年間の教育内容が認められ、直接大学院へ進学することが可能になりました。これは、将来の可能性が大きく広がったといえるでしょう。

理学療法士・作業療法士を目指す人は大学・専門学校で学びますが、その後大学院に進む方もいらっしゃいます。さらに研究し深く勉強していきたい人は、最初から「高度専門士」が取れる学校を選ぶべきでしょう。

高度専門士は4年間学ぶことのメリットのひとつ

理学療法士・作業療法士を目指す専門学校も3年制と4年制があります。

高度専門士を取得できる4年制の良さというのは、「じっくりコツコツ」勉強していけることです。短期間の詰め込み学習ではなく、基礎からゆっくり自分のペースでステップアップしていきたい人に向いています。

これから学校選びをしていく皆さんには、段階的に深く学んで、高度専門士として国家資格の取れる4年制学校への進学を検討してみる事をお勧めします。専門学校によって教育方針や学費・国家試験の合格率等は違いがありますので、まずは資料請求やオープンキャンパスに行って情報収集を進めましょう。

理学療法士・作業療法士を目指す道のりは長く、その間学びを深める「学校」によってその道が有意義なものになるかどうか決まってきます。良い学校かどうか?あなたに合う学校かどうか?自分の目で見て確かめてみましょう!

理学療法士・作業療法士を目指す人のための自己PRの書き方3つのポイントと注意点

「自己PR書を添付してください」

理学療法士・作業療法士の養成校への受験を考えたとき、必要書類の中に「自己PR書」が含まれていることがあります。ただ、高校生の皆さんは「自己PR書」を作成するのがはじめてというケースも多く、そもそも「自己PR書」って何?と思う方もいるかもしれません。

そこでこの記事では、基本的に「自己PRとは何か」と「自己PRの書き方」、そして「自己PRを書く上で気を付ける事」ついてまとめました。

 

そもそも自己PRってどういうもの?

まず自己PRについて考えてみます。自己PRとは、自分の強みや意欲などを具体的なエピソードを交えてアピールすることです。

「強み」とは、部活動や取得資格などの実績、性格・人間性の面での長所、得意なことなど。ボランティア活動など継続的に取り組んでいる課外活動、努力して短所や苦手なことを克服した経験もアピール材料になります。

自由に自己PRしてOKの場合もあれば、

「どんな理学療法士になりたいですか?」

「作業療法士を目指すに至った理由を書いてください。」

などのようにテーマが指定されている場合もあります。また、単に強みを伝えるだけでなく、学校が求める人物像(アドミッション・ポリシー)に合致していることを伝える目的も持っています。

分量は150~200字程度でOKの場合もあれば、記入欄がA4のシート1枚に及ぶ場合も。自己PRを求める入試は受験生の人物面を重視する入試方法なので、自己PRの重要度は高いです。書類選考でも重視されるほか、面接でも自己PRをもとに質問がされるので、選考全般にわたって影響すると考えていいでしょう。

その他の推薦入試でも、面接の材料になるのは同様。また、自己PRをそれほど重視していない学校でも、あまりに内容が薄いとやる気がない印象を与えてしまう危険があるので油断はしないようにしっかり準備して臨みましょう。

自己PRの書き方3つのポイント

何を書いていいのか思い浮かばない…。書いてみたけど内容がイマイチ…。大丈夫、ちゃんとコツがあります。以下のポイントを押さえて自己PRを書いてみましょう!

Point1 アドミッションポリシーを確認しよう!

学校にはそれぞれ、求める人物像(アドミッションポリシー)が提示されています。自己PRの内容は、学校が求める人物像と合致することが求められるので、まずは志望校のアドミッション・ポリシーをしっかり読み込んでみましょう。

理学療法士・作業療法士を目指す学校では、「リハビリテーションに対する興味や熱意」「高齢者や障がい者に対しての理解」などがあげられている場合もあります。その場合は「リハビリテーションに対して興味を持ったきっかけは~」「高齢者との関わりは、祖父母との~」というように、自己PRの中でエピソードとして触れられると良いでしょう。

Point2 自分の長所を書き出し、更に掘り下げてみよう!

自分の長所をたくさん書き出してみましょう。保護者や友人に聞いてみてもいいかもしれません。この段階ではそこまで自信がない項目も含めて、どんどん書き出すことが大切です。「リーダーシップがある」「協調性がある」「粘り強い」「友達が多い」「よくお年寄りに席を譲る」「嘘はつかない」「度胸がある」「人を笑わせるのが得意」などなど、なんでもOKです。

次に、この長所を掘り下げて自己PRにしてみます。そのまま書くとみんなが書きそうなありふれたものでも、長所を掘り下げてあなたらしい言葉で表現してみましょう。例えば、「明るく元気」の中には「物怖じせず自分から働きかけることができるので、将来はいろんな職種の人と相談しながら働いていくのが理想」などと繋げると良いです。

Point3 長所の理由となるエピソードを追加して説得力を高める

強みがある程度絞り込めたら、「その長所を象徴するエピソードは何か」を加え、更に説得力をもたせましょう。これが自己PRの軸になります。Point1の、目指した理由などと合致するとさらに良いでしょう。その強みの先につながる部分(進学後の勉強や職業など)を考えることが大切です。

自分の強みを象徴するエピソードがなかなか思い浮かばないこともあります。そんなときは視点を変えて自分の高校生活を最初から振り返ってみましょう。恐らく何の進歩も成長もしていないという人はいないはず。「いつから数学が苦手じゃなくなったんだっけ?」「2年になって友達増えたよなぁ」と振り返っているうちに、自分が成長したきっかけや考え方が変わったできごとなどを書き出していきましょう。

「物怖じせず働きかけられるようになったのは、2年生になって部活の後輩ができ、チームのために自分から話しかけていくことが大切だと気付いたからです。」など、Point2の長所に書き加えていきましょう。

自己PRを書く上で気を付けることとは?

自己PRを書き終わったら、改めて志望理由書と付け合わせて確認をしましょう。

なかには、先生に繰り返し添削してもらった志望理由書は内容も表現もしっかりしているのに、自己PRは内容も緩く、表現も幼くて同じ人が書いたように見えないというケースもあります。こうなると、志望理由書も「本当に自分の力で書いたのかな?」と疑問をもたれてしまうのでマイナスです。志望理由書と自己PRは内容的な関連性も深い

ので、両方を読んで、

「自分の強みは○○だ」

「○○を生かして将来はこんな仕事をしたい」

「そのためにこの学校でこんなことを学びたい!」

といったストーリーが浮かび上がってくるようにしましょう。

自己PRは、学校にあなたという人をわかってもらうチャンスです!しっかりと自分と合った学校選びをするためにも、学校側のアドミッションポリシーとあなた自身の経験とを照らし合わせて考えてみてください。