それぞれの物語
AO入試情報夜間部支援金情報

インフォメーション

Information

HOME - インフォメーション - 作業療法学科昼間部授業レポート「保健体育」~ボッチャ体験から学ぶこと

作業療法学科昼間部授業レポート「保健体育」~ボッチャ体験から学ぶこと

information学内の様子

2021.11.19

作業療法学科昼間部の保健体育の授業で、先日「ボッチャ」の体験を行いました。その時の様子をレポートします。

 

 

 

担当の深瀬先生は、日体大出身の元ラガーマンというゴリゴリの体育会系出身ですが、実は学生想いのとても優しい先生です。

 

 

 

 

ボッチャとは「ジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに、赤・青のそれぞれ6球ずつのボールを投げたり、転がしたり、他のボールに当てたりして、いかに近づけるかを競います」

参照:一般社団法人 日本ボッチャ協ホームページ

 

 

 

東京2020パラリンピックでも、日本代表の”火ノ玉ジャパン”がメダルを獲得し、話題となりました。

 

 

 

ボッチャは障がいのある方、ない方問わず、車椅子の方でも、老若男女誰でも楽しめる球技です。

 

 

ボッチャは「しょうがい」スポーツと呼ばれていて、障がいがあっても、生涯にわたって楽しめるスポーツです。

 

 

 

今回の授業では、出席番号順に赤チーム・青チームと順番に割り振り、個人戦もしつつ、赤対青のチームでも競いました。

 

 

 

 

いざ挑戦してみると、力加減、コントロールが難しく、なかなか思うような所への投球ができないようです。

 

 

 

 

うまく投球できたときには拍手と喝采が起こり、変な方向へ行ってしまうと、笑いが起こったりと自然と楽しい雰囲気になります。

 

 

 

 

ただジャックボールに近づけるだけでは無く、相手のボールを近づけさせないよう手前に自分のボールを配置して邪魔をしたり、ジャックボールに当てて移動させたりもできます。

 

 

 

残りのボールの数も踏まえて、戦略的に投球する事が求められます。よーく考えるととても頭を使う奥深い競技です。

 

 

 

全員戦い終わった結果…赤チームの勝ち!

 

 

 

次に、車椅子でも対戦しました。

 

 

 

 

先ほどとは目線も違えば、身体の使い方も違います。

 

 

車椅子に乗りながら位置の微調整や、座ったまま腕だけでの投球がおもうようにいかず、なかなか難しいようです。

 

 

 

狙いを定めても、ひじ掛けにぶつかってしまいあらぬ方向へ・・・

 

 

 

 

車椅子での戦いも、赤チームが勝ちました!!

 

 

 

作業療法では、ボッチャのようなスポーツや、遊びなども治療の一環として行われます。

 

 

 

楽しみながらリハビリができるので、身体だけではなく心も元気になれます。

 

 

 

さて、次の保健体育では何をするのでしょうか!?深瀬先生の楽しい授業はまだまだ続きます。

グループ校

問合せ
資料請求
オープンキャンパス
個別相談会