それぞれの物語
AO入試情報夜間部支援金情報

インフォメーション

Information

HOME - インフォメーション - 日リハ/大学生/スーパー店員の三刀流!ダブルスクールでがんばる夜間部の学生

日リハ/大学生/スーパー店員の三刀流!ダブルスクールでがんばる夜間部の学生

information先生より

2021.11.25

こんにちは、作業療法学科統括学科長の深瀬です。

 

 

今年はMLBでの大谷翔平選手の二刀流が大きな話題になりましたね。素晴らしい活躍で私たちを楽しませてくれました。

 

そういえば、夜間部の学生さんは皆、日中は仕事をして夜に学ぶ「二刀流」です。

 

 

忙しい中で大変でしょうが、皆さん仕事も学業も頑張っています。

 

 

今年度の作業療法学科夜間部の一年生には、「二刀流」を超える「三刀流」の学生さんもおります。

 

 

今回は、そんな「三刀流生活」を送っている作業療法学科夜間部の学生酒井さやかさん」を紹介します。

 

 

(ご本人の希望により写真は控えさせていただきます)

 

 

酒井さんは現在、日本大学文理学部中国語中国文化学科の四年生で、いわゆる「ダブルスクール」で夜間部に在籍していながら、更にスーパーでお仕事もされています。

 

 

つまり、日リハ・大学生・スーパーの店員という「三刀流」の生活を送られています。

 

 

大変お忙しい中で恐縮でしたが、「ダブルスクール」について聞いてみました

 

 

なぜダブルスクールでの入学を決めたのかというと、

 

 

「なるべく早く資格をとりたかった」

 

 

とのことでした。

 

 

また、

 

 

「大学では授業がオンデマンドのままなので対面の授業がなく、そもそも四年生なのでほとんど単位は取得していたので講義も少なかった」

 

 

ということも決断を後押ししたとのこと。さらにご家族に背中を押されたことも入学の決め手になったとのことです。

 

 

大学では三年次から就職活動が始まります。

 

 

酒井さんも企業のインターンを経験し、就職説明会に出たりしていましたが、新型コロナの影響もあって、改めて将来について考えると

 

 

「長い目で見たときに、資格をとってから就職し、自分のしたい仕事が出来ることに魅力を感じた」

 

 

と話してくれました。

 

 

日リハでの学校生活はどうでしょうか?と尋ねると、

 

 

「作業療法のお仕事は自分に合っていると思いました」

 

 

「勉強は難しいけどクラスの皆で助け合ってがんばっています」

 

 

と頼もしい言葉を頂きました。

 

 

 

 

これからもクラスで助け合い、忙しい中でも着実に目標に向かって行って下さい。

 

 

私たち教員も精いっぱいサポートします。

 

 

 

 

酒井さんの話が、現在大学生で、作業療法士に興味がある皆さんの参考になれば幸いです。

グループ校

問合せ
資料請求
オープンキャンパス
個別相談会