AO入試情報

インフォメーション

Information

HOME - インフォメーション - Early-Exposure-Program Part1

Early-Exposure-Program Part1

information学内の様子

2019.05.07

日リハでは、入学後の早期(4月、5月)に、国内でも有数のリハビリテーション病院へ見学実習に行っています。

 

 

この早期見学実習は日リハの即戦力教育の一つとなっていて、

 

EEP(Early-Exposure-Program)

 

と称しています。

 

 

先日、そのEEPの一環で、新入生が埼玉県所沢市にある国立障害者リハビリテーションセンターへ見学実習に行ってきました。

 

 

 

 

 

 

このEEPの目的は、主に2つあげられます。

 

 

 

 

 

ひとつは、

 

「国内有数のリハビリテーション施設で、リハビリテーションの歴史を学ぶと同時に、最先端のリハビリテーションに触れることができる」

 

ということがあります。

 

 

 

 

 

 

 

そしてもう一つは、

 

「理学療法士・作業療法士が働く姿を目の当たりにして、医療人になるための心構えを学ぶとともに、自分の将来をイメージすることで、今後の勉強のモチベーションにつながる」

 

ということです。

 

 

 

 

 

日リハでは、今回のEEPをはじめとして、4年間かけて現場での実習をたくさん行い、しっかり経験することが即戦力育成の根幹ともなっています。

 

 

新入生のみなさんもそれぞれ、今回の見学から感じたことはいろいろあったと思います。

 

 

新入生のみなさん、即戦力の理学療法士・作業療法士となれるように、4年間一緒にがんばりましょう!!

 

グループ校

オープンキャンパス
資料請求
AO入試情報