医療・福祉の分野で大活躍!理学療法士と作業療法士の違いとは?

医療・福祉の分野で大活躍!理学療法士と作業療法士の違いとは?

似ているようで異なる、理学療法士と作業療法士の違い

医療や福祉の分野で幅広く活躍している理学療法士と作業療法士ですが、具体的な仕事内容や違いを知らない方も多いのではないでしょうか。
そんな方のために、理学療法士と作業療法士の仕事内容や違いについてご紹介いたします。

「身体のリハビリ・理学療法」と「心と身体のリハビリ・作業療法」

理学療法士と作業療法士には様々な違いがあります。最大の違いは、機能回復のためのリハビリを行う理学療法士に対して、作業療法士は社会適応に向けた心と身体のリハビリを行います。

  理学療法 作業療法
目的 基本動作の回復・維持・悪化予防 応用動作と社会適応のための能力回復
内容 起き上がり、筋力強化、座位保持、車いす移乗、歩行など 食事、料理、遊び、スポーツなどを通して、心と身体の両面から回復をサポート
活動の場 一般病院・総合病院、リハビリテーション病院、老人保健施設、スポーツ関連施設など 一般病院・総合病院、リハビリテーション病院、精神科病院、老人保健施設、障害者福祉施設、児童養護施設など

運動機能回復のスペシャリスト 理学療法士

理学療法士が行うリハビリの主な目的は「基本動作の回復・維持・悪化予防」です。
障害や後遺症のある「部位」に着目して、運動的手段による運動療法や物理療法(電気刺激・マッサージなど)を手法として用い、 基本動作(起き上がり・筋力強化・座位保持・車いす移乗・歩行等)の回復訓練を行うリハビリの専門家です。
医療・福祉分野をはじめ、健康増進、スポーツ医学、スポーツトレーナーなどの分野にも活躍の場が広がっています。

基本動作訓練の例

筋力強化、起き上がり、立ち上がり、座位保持、歩行訓練など

理学療法の実際

理学療法士は医療・福祉・スポーツ分野など様々な現場で活躍しています。

  • 起き上がりや寝返り

  • 歩行訓練

  • 筋力強化(運動療法)

理学療法について詳しく知りたい方はこちら

学校説明会一覧へ

資料請求する(無料)

生きがい支援のスペシャリスト 作業療法士

作業療法士の行う作業療法は、おもに理学療法のリハビリで基本動作が回復した患者に対して行われ、「応用動作と社会適応のための能力回復」、つまり日常生活をスムーズに送るための複合的動作を可能とする訓練を行うリハビリ専門家です。
日常動作である「生活活動(食事、料理、掃除、読書等)」の訓練には、レクリエーション(遊び、スポーツ)や、創作活動(ゲーム、体操、編み物、陶芸、絵画、音楽など)もリハビリの手段として用います。
更に、社会復帰に向けた職業前訓練(就労に向けて作業能力・耐久性・集中力・正確性等の向上を目標とした訓練)なども行っています。
身体・精神・発達・老年期 身体・精神・発達・老年期の4分野にわたる幅広い領域が対象となる作業療法士は、いろいろなシーンで活躍できるので、病院や施設からの求人が多く、これからますます必要とされてくる職業です。

日常生活動作訓練の例

調理、入浴、食事、排せつなど

作業療法の実際

作業療法士は医療・福祉・介護など様々な現場で活躍しています

  • 手・指のリハビリテーション

  • 認知症のリハビリテーション

  • 生活動作のリハビリテーション

作業療法について詳しく知りたい方はこちら

学校説明会一覧へ

資料請求する(無料)

関連ページ

社会人が無理なく国家資格を取得するために

学校選びは社会人が療法士を目指すうえで非常に重要です。
無理なく第一線で求められるスキルを身に着けるためには、実習時間や支援体制の充実度などの様々な要素を考慮し…

続きを読む≫