理学療法士と作業療法士の違い

理学療法士と作業療法士の違い

理学療法士作業療法士の違いとは?
似ているようで異なるリハビリテーション。

理学療法士作業療法士の違いをご存知ですか?
リハビリテーションに従事する2つの職業、理学療法士作業療法士。似ているようで、異なる理学療法士作業療法士の違いについてご説明します。


理学療法士を一言で表現すると、運動機能回復のスペシャリストです。

理学療法士は、立ち上がる、起き上がる、歩く、寝返るなど、基本となる体の動作のリハビリテーションを行います。例えば、平行棒を使っての歩行訓練、ベッドから起き上がる動作の訓練などのリハビリテーションがあげられます。
しかし、超高齢社会を迎える日本において、理学療法士は機能の回復を図るだけではなく、「健康を維持する」「悪化を予防する」事などを目的としての活躍も求められています。
理学療法士の活躍の場は、医療・福祉分野を始め、健康推進、スポーツ医学、スポーツトレーナーなどの分野にも広がり、これからも必要とされていく職業のひとつです。


理学療法士と作業療法士の違い/理学療法士


作業療法士を一言で表現すると、生きがい支援のスペシャリストです。

作業療法士は、日常生活をスムーズに送るための応用的動作のリハビリテーションを行います。ここで言う応用動作とは「食事をする」「顔を洗う」「料理をする」「字を書く」等の生活する上で必要不可欠な動作の事を指します。
理学療法士が体の大きな動きのリハビリテーションを行うのに対して、作業療法士は手の動作や指の細かい動作などのリハビリテーションを行う場合が多いです。
また、作業療法士ならではの特徴として、精神分野のリハビリテーションを行うという事があり、精神科の病院などで活躍する作業療法士もいます。
作業療法士は、身体・精神・発達・老年期と幅広い4つの分野が対象となるため、活躍の場が広く、今もっとも必要とされている職業のひとつで、これからの日本の超高齢社会でますます必要とされる職業です。


理学療法士と作業療法士の違い/理学療法士


理学療法士作業療法士の違い ~一覧~

  理学療法 作業療法
目的 基本動作の回復・維持・悪化予防 応用動作と社会適応のための能力回復
内容 起き上がり、筋力強化、座位保持、車いす移乗、歩行など 食事、料理、遊び、スポーツなどを通して、心と身体の両面から回復をサポート
活動の場 一般病院・総合病院、リハビリテーション病院、老人保健施設、スポーツ関連施設など 一般病院・総合病院、リハビリテーション病院、精神科病院、老人保健施設、障害者福祉施設、児童養護施設など

理学療法士作業療法士の違い ~現在の有資格者数~

理学療法士作業療法士の違い ~現在の有資格者数~についてご案内します。
理学療法士作業療法士の有資格者数は、下記の通りとなっています。
2018年度 有資格者数
理学療法士・・・161,476人※1
作業療法士・・・89,717人※2

では、毎年何名の理学療法士作業療法士が新たに誕生しているのでしょうか。
2018年度 新規資格取得者数
理学療法士・・・約9,885人※3
作業療法士・・・約4,700人※3

例年、理学療法士作業療法士は下記の人数誕生しています。
理学療法士・・・約9,000~12,000人
作業療法士・・・約4,000~5,000人

超高齢社会を迎える日本において、理学療法士と作業療法士が活躍するシーンはますます広がっています。現状では、まだまだ理学療法士・作業療法士は足りていない状況が続いています。


※1:理学療法士協会統計情報
http://www.japanpt.or.jp/about/data/statistics/
※2:日本作業療法士協会誌2018年5月号
http://www.jaot.or.jp/kankobutsu/pdf/ot-news2018/2018-05.pdf
※3:厚生労働省 第53回理学療法士国家試験及び第53回作業療法士国家試験の合格発表について
https://www.mhlw.go.jp/general/sikaku/successlist/2018/siken08_09/about.html


理学療法士と作業療法士の違い/有資格者数


理学療法士作業療法士の違い ~就職状況~

理学療法士作業療法士の違い ~就職状況~についてご案内します。
日本リハビリテーション専門学校1997年の開校以来、理学療法学科作業療法学科共に就職率100%です。日本リハビリテーション専門学校の卒業生においては、就職状況に大きな違いはありません。

日本リハビリテーション専門学校では、理学療法士・作業療法士の即戦力を社会に送り出し続けてきたことで、医療業界からの厚い信頼を獲得しています。結果的に学生ひとりあたり約40倍もの求人があり、就職先の選択の幅が広いので、学生一人ひとりが満足度の高い就職を実現しています。

<参考>
日本リハビリテーション専門学校の2017年度の求人数は下記の通りです。
理学療法士・・・約3,121人
作業療法士・・・約3,084人

現在、高齢社会の訪れや予防医理学の発展にともない、病院・在宅診療および施設における作業療法士・理学療法士の求人が拡大しています。
これからの日本において、作業療法士・理学療法士の社会的役割がさらに増大すると考えられています。

理学療法士と作業療法士の違い/就職状況


理学療法士作業療法士の違い ~平均給与~

理学療法士作業療法士の平均給与に関連して、厚生労働省は、介護従事者等の給与を調べた「2015年度介護事業者処遇状況等調査」結果を公開しました。
理学療法士作業療法士の平均給与額は348,900円であり違いはありませんでした。
前年同月比で約9,000円増加。また、非常勤者(時給)は1,640円と、調査対象の他職種と比較し最も高い結果となりました。
リハビリテーション職は今需要が増加し求められている職種であるため、給与額が増加したと考えられます。
理学療法士作業療法士は、患者様から直接「ありがとう」と言ってもらう事ができるので、給与面だけではなく、やりがいの大きな仕事でもあります。

理学療法士と作業療法士の違い/平均給与


理学療法士作業療法士の違い ~養成校で学ぶ内容~

理学療法士作業療法士は養成校で学ぶ内容の違いについてお伝えします。
理学療法士作業療法士はどちらもリハビリテーションの専門職で、医療の基礎となる科目では同じ内容を学びます。
主に1年次~2年次に学ぶ「解剖学」「生理学」「運動学」「リハビリテーション概論」「内科学」「整形外科学」「病理学」等などが共通科目となります。
2年次以降には、理学療法士作業療法士で学ぶ内容が違います。理学療法士であれば、「物理療法」「運動療法」等があり、作業療法士であれば、「発達障害治療」「精神障害治療」等を学んでいきます。

いずれにしても、理学療法士作業療法士になるためには、養成校で決められたカリキュラムを全て修得しなければなりません。また、指定された時間数の臨床実習(理学療法士・作業療法士ともに最低810時間)も行わなければならない決まりとなっています。


理学療法士と作業療法士の違い/学ぶ内容


関連ページ

社会人が無理なく国家資格を取得するために

学校選びは社会人が療法士を目指すうえで非常に重要です。
無理なく第一線で求められるスキルを身に着けるためには、実習時間や支援体制の充実度などの様々な要素を考慮し…

続きを読む≫

作業療法士や理学療法士が実際に働いているところが見学できます

理学療法・作業療法現場見学会のご案内(協力:戸田中央医科グループ)