NEWS

NEWS

作業療法学科昼間部授業レポート「保健体育」~歴史や文化に触れるウォークラリー

2021.12.07

学内の様子

今回は作業療法学科1年生の保健体育の授業で2週に渡り実施した「ウォークラリー」をレポートします!

 

 

ウォークラリーとは、複数人でグループを作り、皆で歩きながら問題を解決してゴールを目指すレクリエーションゲームです。リハビリの一環としても行われています。

 

 

グループ決めからレクリエーションは始まっています

 

 

スタートとゴールは、日リハ本校舎。5~6人でグループを作り、高田馬場周辺の地図に書かれたチェックポイントへ行き、課題をこなし、本校舎まで戻ってきます。

 

 

第1弾の課題は5つのチェックポイントで写真を撮ってくること!担当の深瀬先生が最終ジャッジをします。

 

 

まことちゃんポストの前で「グワシ」

 

 

キャラクターと同じポーズで写真

 

 

各場所での特徴的なものを撮ったり、壁画と同じポーズをしたり、有名な歌のモデルになった橋の名前を探したりしました。

 

 

葉がきれいに色づいてきた甘泉園公園

 

 

無事の帰還にホッとした深瀬先生と学生

 

 


 

 

そして翌週、第2弾は「雑司ヶ谷の秋の七福神巡り」。

 

 

配られた色紙に、雑司ヶ谷七福神の御朱印をすべて押してくることが課題です。レトロな情緒残る雑司ヶ谷の紅葉を楽しみながら、寺社をめぐりました。

 

 

雑司ヶ谷の秋を感じます

 

 

地図を見ながらひたすら七福神探し

 

 

 

反対方向に行ってしまったり、ちょっと休憩したり、グループで話し合いながら進みます。

 

 

 

今まであまりグループを組んだことがなかったクラスメイトとも、最初は少しぎこちない様子もありましたが、最後は協力して一緒に御朱印を集めました。

 

 

 

課題の御朱印は忘れずに

 

 

寺社の前で記念撮影

 

 

作業療法士と患者様も、スタートはみんな初対面。そこからどのようにコミュニケーションを重ねるのか、信頼関係を築いていくのか、考えるのも作業療法士として重要な仕事の1つです。

 

 

 

 

2週に渡ってのウォークラリーは、生徒からは「周辺を初めてこんなに歩いた!」との感想もあり、高田馬場周辺の歴史や文化に触れる機会にもなったようです。

 

 

今年は水輪祭やスポーツ大会は実施できませんでしたが、これから4年間学ぶ場所をともに頑張る仲間とめぐった経験は、これからの学校生活でも活きるはずです。

 

 

皆さん、お疲れ様でした!

それぞれのご案内

アクセス

アクセス

〒171-0033 豊島区高田3-6-18
TEL 03 5954 1165

重要なお知らせ 新型コロナウィルス感染症対策関連情報

グループ校