学校説明会夜間部支援金情報

インフォメーション

Information

HOME - インフォメーション - 仕事の後に、勉強しています

仕事の後に、勉強しています

information学内の様子

2019.08.23

理学療法士・作業療法士は国家資格で、一度取得できれば途中更新などはありませんので、長きにわたってリハビリテーションに携わっていくことができます。

 

しかし、だからと言って資格を取得したらそれで終わりではありません。

 

 

 

医療は日々進歩していきますし、学校での勉強だけでは現場で対応しきれないケースも出てきます。

 

 

ですので、理学療法士も作業療法士も、学校を卒業した後、現場でセラピストとして働くようになってからも、常に最新の情報にアンテナを張り、患者様により良いリハビリテーションが提供できるように、日々自己研鑽を続けていくことが必要です。

 

 

 

日リハでは、卒業生の方向けに勉強会(卒後教育講座)を開催し、卒後のフォローアップをしています。

 

 

 

今年度もたくさん卒後教育講座を開催いたしますが、先日は理学療法士であり義肢装具士の先生による、片麻痺の下肢装具講座を行いました。

 

 

 

 

 

 

また別の日には、ニューロリハビリテーションの講座を行いました。若手の卒業生だけでなく、経験のある方にとっても有意義な勉強会になったことと思います。

 

 

 

 

※ニューロリハビリテーションとは、脳のメカニズムなどに着目して神経機能の回復を図るリハビリのアプローチです。

 

 

 

 

卒業生の皆さんは、仕事の後や休日を利用して、日リハの卒後教育講座をはじめいろいろな勉強会に参加して、自己研鑽を続けているのです。

 

 

 

こうした努力が、卒業生自身の為だけでなく、リハビリを行う患者様にも還元されることになるのです。だからこそ、日リハの卒業生は厚い信頼をいただくことができるのですね。

 

 

 

今年度の卒後教育講座スケジュールはこちらからご覧いただけます

グループ校

オープンキャンパス
資料請求
夜間部支援金情報