陶山哲夫

整形外科医、リハビリテーション専門医

日本障がい者スポーツ協会 理事・医学委員長/アジアパラリンピック委員会 理事・医事科学委員長/日体協スポーツドクター
主な担当教科 リハビリテーション医学概論/障害者スポーツなど

作業療法士、理学療法士の活躍の場が広がっています。

作業療法士・理学療法士はやり甲斐のある仕事

人が人のためにできることは、そんなに多くありません。作業療法士、理学療法士は医学的根拠に基づく確かな知識と技術を持ち、自分の手と心で人のために直接関わり合い、しかもその結果を直接自分自身で評価できる厳しいけれど、やり甲斐のある仕事の一つです。

作業療法士・理学療法士の活躍の場が広がっている

医療技術の進歩により、リハビリテーションの技術も進歩しました。その中で作業療法士、理学療法士が急性期や回復期のリハビリテーションで活躍することはもちろん、障害者施設や高齢者施設でのリハビリテーション、通所や訪問などの在宅リハビリテーションの分野まで幅広い活躍が重要視されています。その人にとって、生き甲斐、生活の質(QOL)を高めるため、リハビリテーションの活躍の場・守備範囲が大きく広がっているのです。

次代のニーズに応える、広い視野を持つ
作業療法士、理学療法士の育成を目指して。

家族を任せられる医療者になってほしい

どんな医療者になったら良いか、それは、あなた自身が心ならずも病院や施設を利用することになったとき、どんな医療者にかかりたいか、また、その医療者に家族を任せられるかを考えれば分かります。本校の家庭的な手作りの4年間の教育の中で、医療者に必要な心と知識、技術を育てようと努力しています。

心豊かな人間性を持った即戦力となる臨床家

病院を訪れる人は医療者に医学的知識や医療技術を期待するほかに、親切にしてもらえるだろうか、話を良く聞いて理解してもらえるだろうか、分かりやすく説明してもらえるだろうかなどと心配しているのです。知識、技術、教育のみでなく、相手の心が理解でき、傾聴し共感できる医療者としての態度を育成し、総合的臨床能力を高めることに重点をおいています。

臨床能力を高めるための取り組みと特色

臨床能力に必要な医学的知識、医療技術、情報収集能力、総合判断力、態度などを育成するために、医学部で行われている新しい教育方法を取り入れています。入学直後の態度教育、EEP(アーリー エクスポジャー プログラム:入学後早い時期から実際の現場を見せる教育)や、PBLチュートリアル(問題解決型少人数自己学習)、TAS(ティーチング アシスタント システム:複数の教員による濃密な実技実習の指導)、SP(シミュレイテッド ペイシェント:擬似患者による医療コミュニケーションの実習)などがその教育内容です。

本物が本物を育成する。第一線で活躍する講師による指導。

臨床経験豊富な講師陣

大学や病院で活躍している経験豊かな講師陣が講義を行っています。知識、技術のみならず、経験豊かな人柄(持ち味)と錬磨された、きらりと光る人間性を学ぶことができます。本校の専任教員も臨床経験豊かなベテランであり、教育現場に停滞することなく毎週臨床現場に出向いて技術や勘を保持するように心がけています。また一部の教員は大学院での学習や研究の成果を学校での講義に役立てるようにしています。第一線で活躍している臨床家、研究者、教育者を招き特別講義を行い、医療者としての視野を広げるための教育も行っています。

臨床実習の場は病院から老人施設、訪問リハビリテーションまで幅広い

3年生の後半から4年生までの1年余りの間、本格的な実習が始まります。病気や障害の初期の段階(急性期)を取り扱う一般病院、障害の回復期を担う回復期病院、障害の維持期を担う老人保健施設・訪問リハビリテーションの他、障害児者施設(作業療法では精神病院も)などを含む幅広い臨床実習の場で臨床教育を行っています。高齢社会へ対応していく必要性から、老人施設の実習は必ず経験するようになっています。

卒業後に研究や大学院を希望する人へ

本校の作業療法学科・理学療法学科を卒業すると『高度専門士』の称号が付与されることになりました。「高度専門士」の称号を付与された修了者には、大学(短期大学を除く)の専攻科または大学院への入学に関し、大学を卒業した者と同等以上の学力が認められ、その入学資格が与えられます。