POINT
02

ON-SITE TRAINING

実習の多さ
選ばれる

学生時代から豊富に実習ができ、
学び現場つながる教育

日リハといえば
「即戦力育成」
が選ばれる理由の一つ

それを実現するのは
圧倒的な
実習時間の多さと
質の高さ

  1. REASON 01

    基準を上回る
    豊富な実習時間

    学生の立場で多くの時間を患者様と接することで、
    実践的な力が身につきます。
    数多くの症例に触れることで技術が身につき、
    就職後の患者様の機能回復にもつながります。

  2. REASON 02

    300を超える
    実習先は信頼の証

    養成校が増える中で、実習先の確保は年々難しくなっています。
    その中で、日リハは病院や介護老人保健施設など、全国300か所以上の実習先を確保しています、これは現場からも日リハが信頼されている証と言えます。
    実際の患者様と接することのできる実習を通して、実践的な知識や技術を学びます。

  3. REASON 03

    実習を支える
    手厚いサポート!

    実習前、実習中、実習後に、小まめなサポートや、
    振りかえりをしながら、実習を最大限に有効に経験します。

    01

    BEFORE
    実習前

    長期実習に備えた
    様々な教育プログラム

    PBLチュートリアル、EEP、OSCE、TASなど、
    本番さながらの実習前プログラムにより、充実した臨床実習を迎えることができます。
    また、実習指導者にお集まりいただく「臨床実習指導者会議」を行い、
    本校の実習方針を共有します。

    02

    PRACTICE
    実習中

    臨床実習施設訪問

    教員が実習先への訪問を行い、学生の実習における疑問や不安を解消します。
    また教員が実習指導者と直接話すことで、実習がスムーズに進むよう支援します。

    03

    AFTER
    実習後

    臨床実習セミナー

    実習終了後、臨床実習セミナーを学内で行います。
    学生一人ひとりが実習の報告をすることで様々なケースへの理解を深め、
    臨床実習の成果を高めます。

  4. REASON 04

    実習費は別途徴収なしで安心

    他のリハビリ系養成校の7割程度は、実習費の一部別途徴収が行われていますが、
    本校では実習に関する費用は学費の中に含まれているため、
    かかる費用が予め全てわかり、学費の計画をしっかり立てることができます。

    実習に要する経費
    遠方での実習における宿泊先の賃貸借料
    実習先と自宅等の往復旅費
    自宅等から実習先へ通学する場合の交通費

    ※実習中の個人的な食費、光熱費、
    荷物の送料などは自己負担となります。

ANOTHER POINT
オープンキャンパス
資料請求