作業療法士を目指す方

作業療法士の給料の平均は月28万円!年収や福利厚生は充実している?

この記事では、作業療法士の平均月収、福利厚生などの待遇、年収などについてまとめています。

 

作業療法士の給料は平均月28万円

作業療法士の給料は、平均で月28万円前後となっています。(日本全国全体・2017年)年収は約400万円です。

注目すべきは平均年齢が33.3歳と若いところと、男女の給料差が月2万円程度と小さいところです。

作業療法士は比較的若い職業です。国家資格として認められたのは1966年ですが、もちろんすぐに多くの人が資格を持てたわけではありません。作業療法学の博士課程が設置されたのは1998年と遅いです。そのため、平均年齢が若くなっています。

平均年齢が若いということは、キャリアが浅い人でも昇進の可能性が高いことや、勤続年数を重ねることによっても給料アップが見込めるということがわかります。

 

また、男女の給料差が少ないため、性別に関係なく活躍することができるのも作業療法士の魅力のひとつでしょう。女性の方が若干給料は少ない傾向にありますが、その分労働時間も短い数値が出ています。出産・育児などの影響で平均すると短くなる傾向があります。

作業療法士は、出産や育児で一時的に現場を離れても戻ってきやすく、女性でもチーフや所長になりやすい仕事と言われています。

 

 

 

作業療法士の待遇は良い!福利厚生が手厚い

作業療法士の待遇は、他の医療系職種・福祉系職種に比べて比較的良いと言えるでしょう。

まず残業があまりない仕事というのがひとつあります。対象となる患者さんがいる仕事なので、夜遅くまでリハビリが長引くというようなことがないのは想像に難しくないと思います。事務仕事や雑務などもありますが、基本的には職場の就業時間内できっちりと区切られているケースが多いです。

また、看護師や介護士などには夜勤がありますが、作業療法士は夜勤がない仕事です。リハビリは施設が空いている朝~夕方の時間帯に行われるためです。
残業が少なく夜勤がないため、プライベートと仕事の両立がしやすく、日々の生活リズムを整えられるため人気の理由となっています。

そして、福利厚生が手厚いことが多いようです。女性が多く活躍していることもあり、休暇が取りやすくサポートも手厚いです。保育所の設置も最近は多くみられるようになりました。

もちろん働く職場によりますし、民間施設か公立施設かなども関わってきますので、職場選びの際には一つ一つの待遇をしっかりと見ていく必要があります。

また、先ほど残業がないことを待遇の良さの一つとしてあげましたが、給料をより多く稼ぎたい!もっともっと働きたい!という方には不向きです。こういった方は自ら勉強会やセミナーに赴いたり、他資格を取る時間にあてるなどして自分でやることを見つけていくようです。

例えば介護福祉士の資格を併用したい場合、職場によっては相談すると職務の一環として資格取得を後押ししてくれるところもあります。

 

 

施設によって変わる給料・年収

働く場所によって給料は変わってきます。作業療法士が働く場所として多い3か所について、年収を例にとって挙げてみましょう。

 

1、 病院やクリニック
病院やクリニックをはじめとする医療施設は、平均年収は350万円~450万円のようです。病院は規模が大きいところの方が年収が上がる傾向にあります。また、チーフや所長などに昇進することによって大きく給料を跳ね上げることが可能です。

 

2、 老人ホームや介護ステーション
老人ホームや介護ステーションなどの介護施設は、平均年収は少し高い傾向にあります。500万円前後が相場のようです。介護業界は国も後押ししていますし、求人を毎年増やしているのでその分給料も上がっています。ですが、その分体力面で負担が大きかったり、作業療法士としての仕事だけでなく介護分野に重点を置かなければならなくなったりするケースも考えられます。

 

3、 障害者福祉施設や児童福祉施設
障害者福祉施設や児童福祉施設などの福祉施設は、平均年収250万円~400万円と、少し低い傾向にあります。需要が増している分野ではありますが総数としては医療施設や介護施設の方が圧倒的に需要が大きく、利益が上げにくい施設であるのが原因と考えられます。

ですが、介護施設とは逆に、給料は低くても自分のやりたい作業療法をじっくりと余裕を持ってできる職場であるケースが多いようです。やりがいを求める方にはメリットの多い職場と言えます。

 

 

-作業療法士を目指す方
-,

© 2021 作業療法士、理学療法士に関する最新情報をお届け リハトリビューン Powered by AFFINGER5