現場が求めている即戦力の養成には3年間教育では
限界があります。

日リハは全学科とも4年制です。
4年間のうち約3年をかけて医療人としての基礎知識や自己認識をしっかり確立し、4年次にはほとんどの時間を「実習」に充てて実践力を身につけます。
現場が求めている「即戦力」としての理学療法士・作業療法士を養成するためには、学習期間は3年では短く、4年間が妥当だと考えています。また、チームアプローチが基本となる医療現場で活躍するためには、実習を通してコミュニケーションの訓練を積むことが重要です。
これを考えても、やはり3年間教育では限界があり、十分とは言えないでしょう。本校は4年間教育を堅持し、現場が求める即戦力としての理学療法士・作業療法士を養成します。

高度専門士とは?

高度専門士は「大学を卒業した者と同等以上の学力があると認められた者」に該当し、日本国内においては大学卒業生に与えられる学士の学位とほぼ同等の称号です。
一定の基準を満たす4年制専門学校の卒業生に付与されます。

また、高度専門士の称号が付与されると、大学へ編入することなく大学院への進学が可能となります。
本校は、夜間部でも高度専門士の称号付与される数少ない専門学校です。

4年制と3年制の学校の違い

  4年制の日リハ 3年制
得られる称号 高度専門士
※大卒の称号である学士とほぼ同等
専門士
就職 現場では即戦力となる4年制出身者がもとめられる傾向にある 就職率は4年制と同程度
学費 4年間で
昼間部610万円
夜間部530万円
実習費込み
3年間で
400〜500万円程度+実習費など
学習内容 1年次「教養基礎分野」
2年次「専門基礎分野」
3年次「専門分野・臨床実習」
4年次「臨床実習」
総実習時間1035〜1125時間
1年次「教養基礎科目」
2年次「専門科目」
3年次「臨床実習」
総実習時間810〜900時間程度
学習スタイル 段階的学習型
(比較的ゆとりのある課程でしっかりと学習し、充実した実習で即戦力の実力を身に付けることができる)
短期間詰め込み型
(実習年度を除く2年間ですべての重要科目を学ぶことになる)
向いている
タイプ
基礎から一つずつ積み上げながらしっかり学習したい方 基礎学力に自信があり、短期詰め込み型学習についていける方
主なメリット 即戦力の実力と高度専門士の称号が得られる 4年制に比べて学費が安く、1年早く現場に出られる(ただし、留年がない場合)
得られる称号
4年制の日リハ 高度専門士
※大卒の称号である学士とほぼ同等
3年制 専門士
就職
4年制の日リハ 現場では即戦力となる4年制出身者がもとめられる傾向にある
3年制 就職率は4年制と同程度
学費
4年制の日リハ 4年間で
昼間部610万円
夜間部530万円
実習費込み
3年制 3年間で
400〜500万円程度+実習費など
学習内容
4年制の日リハ 1年次「教養基礎分野」
2年次「専門基礎分野」
3年次「専門分野・臨床実習」
4年次「臨床実習」
総実習時間1035〜1215時間
3年制 1年次「教養基礎科目」
2年次「専門科目」
3年次「臨床実習」
総実習時間810〜900時間程度
学習スタイル
4年制の日リハ 段階的学習型
(比較的ゆとりのある課程でしっかりと学習し、充実した実習で即戦力の実力を身に付けることができる)
3年制 短期間詰め込み型
(実習年度を除く2年間ですべての重要科目を学ぶことになる)
主なメリット
4年制の日リハ 即戦力の実力と高度専門士の称号が得られる
3年制 4年制に比べて学費が安く、1年早く現場に出られる(ただし、留年がない場合)

本校は職業実践専門課程の認定校です

専門学校のうち、企業(施設・病院)等と密接に連携して、最新の実務の知識・技術・技能を身につけられる実践的な職業教育に取り組む学科を文部科学大臣が「職業実践専門課程」として認定します。
職業実践専門課程として認定されている専門学校では、企業(施設・病院)等と連携したカリキュラム作成や、実習・演習等を実施しています。このため、実際に働くことを意識しながら、実践的かつ専門的な知識・技能を身につけることができる学校であることの証明になります。
なお、全国の専門学校のうち、職業実践専門課程に認定されている学校は、わずか29.5%です。