理学療法士の需要増加!?今後10年で成長する職業トップ10にランクイン!

今後10年で成長する職業トップ10に理学療法士がランクイン。理学療法士の需要増加についてご説明します。

理学療法士の需要増加!?今後10年で成長する職業トップ10にランクイン! -目次-

 

今後10年で成長する職業の4位に理学療法士がランクイン

米国の金融情報サイト、キップリンガーが「今後10年で成長する職業、消える職業ランキング」を発表しました。

 

■今後10年で成長する職業トップ10

1位 アプリ開発者

2位 コンピューター・システム・アナリスト 

3位 ナース・プラクティショナー(特定看護師) 

4位 理学療法士 

5位 医療サービス・マネージャー 

6位 医師助手 

7位 歯科衛生士 

8位 市場調査アナリスト 

9位 パーソナル・ファイナンシャル・アドバイザー 

10位 言語聴覚士 

詳細を読む(引用元):https://www.pt-ot-st.net/index.php/topics/detail/753/3

 

理学療法士は4位にランクイン!医療関連職種が多く、テクノロジーに代替えされにくい職業として選ばれたようです。米国と日本では理学療法士になるための年数も学びも違うが、AIの発展による影響を受けにくい仕事だということに変わりはありません。

また、理学療法士も、AIのテクノロジーをうまく理学療法に利用していくことが求められていくでしょう。大切なことは、時代の流れに柔軟に対応して常に学び続けることです。

 

 

理学療法士 今後の需要について

最近では高齢者社会に伴い、福祉施設での需要が増えてきています。また、高齢者の増加に加え、医療費の削減、医師や看護師の不足、病床数の不足といった社会背景により、訪問看護や訪問リハビリテーション事業所での勤務も増加しつつあります。特にリハビリテーションに関しては、医科の診療報酬よりも大幅に増加傾向が大きいことを問題視されているため、今後もさらに低くなるように見直されることが予測されます。

 

今後は、高齢化社会がますます加速するため、リハビリを必要とする高齢者も増加していくことが推測されます。そのため、理学療法士の需要は増加することが見込まれます。特に、入院期間が短縮傾向にあることから、予防リハビリテーションや訪問リハビリテーション等における理学療法士の需要はさらに増えてくるでしょう。

 

しかし、その一方で理学療法士の数が増加していることも考慮しておかなければなりません。そのため、就職するにはより高い知識や技術の習得が不可欠です。

 

 

日本リハビリテーション専門学校は、即戦力かつ将来最先端で活躍できる理学療法士を育成しています。4年間でじっくり基礎から学び、夜間部でも高度専門士の称号が付与される専門学校です。

 

キャリアアップ・キャリアチェンジをお考えの皆さん!日リハの学校説明会にきてみませんか?学校の特長だけでなく、理学療法士についての職業理解を深めることもできますよ!

日リハってどんな学校?理学療法士ってどんな仕事?もっと詳しく知りたいと思ったら、まずは無料の資料請求!

新高校3年生必見!理学療法士になるなら、専門学校と大学どちらがいいの?
第52回理学療法士・作業療法士国家試験!概要・難易度・傾向について
リハビリの仕事がしたい!福祉・医療の現場で働くリハビリ資格とは?
理学療法士の需要増加!?今後10年で成長する職業トップ10にランクイン!
作業療法士を目指す人へ!国家試験ってどんな勉強をするの?
理学療法士の国家試験!概要と勉強の仕方