人生の楽しみや生きがいも含めて生活全般に関わりたいと思って作業療法士を目指しました。

作業療法学科昼間部4年生

鈴木 健大さん

鈴木さんの経歴

  1. 大学卒業
  2. 日リハ作業療法学科昼間部

なぜ、作業療法士を目指したのですか?

大学では、主にスポーツ科学・スポーツ障害の勉強をしていました。スポーツ障害の勉強をしていたというと、よく「なんで理学療法士ではないの?」と聞かれます。もちろん、体の仕組みなどについて勉強するのは好きですが、ただ単に体を動かせるだけではなく、人生の楽しみや生きがいも含めて生活全般に関わりたいと思って作業療法士を目指しました。

日リハを選んだ理由はなんですか?

実習時間が多く”即戦力”になれると感じたので、日リハを選びました。また、学校説明会に参加したときに教職員の方や学生スタッフの方々に丁寧に対応していただき、面倒見が良い学校なんだと思ったことも決めてのひとつです。

日リハはどんな学校ですか?

日リハは1年から4年まで同じクラスメイトと一緒に勉強をしていきますので、学年が進むにつれて、きずなも深まっていき、腹を割って話せる本当の仲間となれていると思います。 在学中の目玉といえばやはり実習だと思いますが、3年次に3週間の評価実習を2か所、4年になってからは8週間の総合実習を2回行きました。私は将来、身体障碍分野に進みたいと思っているので、全部で4回の実習では、身体障碍分野2回、老年期障害分野2回の実習を行いました。同じ身体障碍分野でも、急性期と慢性期とでは内容が全然違います。日リハは、実習が充実していてたくさん経験ができて良かったと思います。

将来の目標を教えてください!

「治療」というと「悪いところを良くする」というイメージがあるかと思いますが、その人の良いところ・潜在能力を引き出すことも1つの治療だと思っています。将来は、幅広い視野を持ち、作業療法の様々な可能性を考えながら、患者さんを笑顔にできる作業療法士になりたいです。

在校生の声一覧へ戻る