進路は高2で決めていた!

作業療法学科 昼間部 1年生

伊藤 友希さん

伊藤さんの経歴

  1. 高校卒業
  2. 作業療法学科昼間部

なぜ、作業療法士の道に進んだのですか?

作業療法士の仕事は、指示されたことをただ行うのではなく、それぞれの患者様にあったリハビリを主体的に決めていくことができる仕事だと知り、とても魅力を感じました。また、患者様とコミュニケーションをとりながら行う仕事は、しゃべることが好きな私に向いている仕事だなと感じました。

なぜ日リハを選んだのですか?

いろいろありますが、一番は先生方と学生の距離の近さです。高校2年生の10月にはじめて日リハの学校説明会に参加しましたが、まず最初の印象は先生と学生が仲良さそうに話していたことです。これは見学に行った他の学校にはなかったことです。また、先生の、「この仕事は医者のように病気は治せないが、普段の生活をより良いものにできる仕事です。」というお話しがとても刺激的でした。

日リハはどんな学校ですか?

実際に通ってみても、入学前の印象どおりでした。「先生との距離の近さ」や「めんどうみの良さ」を実感しています。高校時代は授業中に疑問があっても自発的に質問するタイプではありませんでしたが、日リハに通い始めて変わりました。校風なのか、とても質問しやすい雰囲気にあふれていて、「質問するハードル」がとても低いです。実技の授業中など、先生が何度もみんなのところをまわってくださるので、とても質問しやすいです。

在校生の声一覧へ戻る