「対象者を意識した演習実習」を多く取り入れ、
「共感できる」即戦力を育成します。

世界作業療法士連盟(WFOT)の認定校です。

認定を受けるためには教員数、カリキュラム内容、実習時間等の条件が定められており、その条件は厚生労働省が定める基準より、はるかに厳しいものです。
WFOT認定校を卒業することで、海外で活躍できるチャンスがあります。

昼間部
月〜金 9:00〜16:10
4年制・定員35名
夜間部
月〜金 18:00〜21:10
4年制・定員35名
  • めざす資格作業療法士(国家資格)
  • 得られる称号高度専門士(大学院への進学が可能)
  • 取得資格作業療法士国家試験受験資格

昼間部
月〜金 9:00〜16:10
4年制・定員35名
夜間部
月〜金 18:00〜21:10
4年制・定員35名
  • めざす資格作業療法士(国家資格)
  • 得られる称号高度専門士(大学院への進学が可能)
  • 取得資格作業療法士国家試験受験資格

「対象者を意識した演習実習」を多く取り入れ、「共感できる」即戦力を育成します。

世界作業療法士連盟(WFOT)の認定校です。

認定を受けるためには教員数、カリキュラム内容、実習時間等の条件が定められており、その条件は厚生労働省が定める基準より、はるかに厳しいものです。
WFOT認定校を卒業することで、海外で活躍できるチャンスがあります。

15年連続 就職率100%の実績

患者さんに何ができるか?を自ら考える人を育成します。

求人数 2,707人分

求人倍率 約39倍

POINT1

即戦力につながる基本を徹底的に学ぶ

常に患者様を意識した演習授業を展開

常に”患者様を中心に物事を考えられる即戦力”を育成するために、様々な演習授業で模擬患者役の方や実際に障がいを持った方に授業協力を依頼。
リアルな関わりを通じて、共感できる人材を育てます。

模擬患者医療面接
SP(Simulated Patient)

臨床実習前の3年次秋期に実施。専門の模擬患者様役の方にご協力いただき、面接能力の向上を目指します。

障がいのある方が授業協力

教員が普段リハビリを担当している患者様がモデルとして演習授業に参画。学生の観察能力や接遇の基本を学習します。

POINT2

即戦力につながるスペシャリストから学ぶ

4分野の教員を配置

身体・精神・発達・老年期の各分野の教員が揃っているから、実習先も4分野。就職先のアドバイスも4分野それぜれに精通した先生から受けられます。

POINT3

即戦力につながる徹底した臨床現場での実習

臨床実習は国の基準を超える1035時間 (国基準810時間)

体験型の「臨床見学実習」を2年次に2回実施

実習生としてふさわしい態度や患者様やスタッフとの関わり方を学び、現場でどのように行動したら良いかを体験し、長期の実習に備えます。

長期実習を4回に分けて実施

3年次に3週間×2回、4年次に8週間×2回の長期実習を行います。実習の回数が多いことでさまざまな臨床現場を体験し、即戦力が身につきます。

学生の声

池田明香さん 夜間部3年

4年間しっかり学べるから、日リハを選びました

当初は理学療法士と作業療法士どちらにするか迷っていたのですが、もともと好きだった美術の経験を活かせることに魅力を感じ「作業療法士」を目指すことにしました。
日リハを選んだ理由は、夜間部でも授業時間や実習時間が豊富で、4年間しっかり学べるからです。また、交通アクセスがよかったことも理由の一つです。クラスには様々な年齢層の方がいて、入学前の経験も様々です。私も異業種からの転身でしたが、接客の仕事をしていたことが患者様と接する上で役に立っていると思います。医療の仕事は社会人経験を活かしやすい仕事なのかもしれません。
将来は患者様との距離感を大切にできる作業療法士を目指して、これからもしっかりと学びたいと思います。

池田明香さん 夜間部3年

他にも日リハならではのサポートが充実

国家試験全員合格に向けた様々なプログラム

特別講師による
国試対策の集中講義

基礎科目や臨床科目の他、解剖学など国家試験の配点の高い強化を中心として特別集中講義を複数回行っています。

特別講師による
国試対策の集中講義

基礎科目や臨床科目の他、解剖学など国家試験の配点の高い強化を中心として特別集中講義を複数回行っています。

苦手を克服する
個別フォロー

安心・集中して学習できるよう、入学後早期より個別に面談を行い、一人ひとりに合わせた個別指導を行っています。

即戦力が身に付く実技&実習

複数名の教員が
細かい実技指導

複数の教員や卒業生による濃密な実技実習指導を行います。細部に渡るアドバイスで、実践に役立つ技術力を高めます。

実際の治療現場の
条件で実習

実際の治療現場と同じ条件ものとで模擬患者様に対して問診や検査などを行います。

事例を用いた
オリエンテーション

学習を進めるための課題(症例)が提示されます。課題には、将来現場で遭遇するであろう事例が多く用いられます。

通いやすい好立地

3路線使える「高田馬場」駅より、徒歩7分。副都心線「西早稲田」駅より徒歩13分と、学生・社会人にとって通いやすい好立地に位置しています。

支援金・奨学金制度も充実

日リハでは学生の負担を減らすための様々な支援金制度を用意しています。
詳しくはこちら

夜間部就学支援金(30万円)

医療福祉系有資格者支援金(10万円)

敬心学園卒業生支援制度(50万円)