入学に関するQ&A

Q1昨年度の各クラスの合格倍率は?

Answer

2017年度生募集の入試倍率(合格者数/志願者数)は以下のとおりです。
理学療法学科昼間部 2.15倍
理学療法学科夜間部 1.95倍
作業療法学科昼間部 1.73倍
作業療法学科夜間部 2.17倍

※この倍率は昨年度実施したすべての入試の合計倍率です。入試ごとの倍率は公表しておりません。

Q2小論文試験の内容は?

Answer

字数は400字、試験時間は50分です。課題に関してはこちらで指定しますが医療の専門知識を問うような課題ではありません。日頃より与えられたテーマに対して自分の考えを時間内でまとめる練習をして下さい。
また、昨年度の課題を公表していますので参考にして下さい(イベント参加者に過去問をお配りしています)。

Q3筆記試験の対策はどのようにすれば良いでしょうか?

Answer

一般入試の学科試験は、高校の教科書を中心に基礎的な問題集などで学習すれば充分対応できる問題です。4択での出題となります。昨年度の問題を公表していますので参考にして下さい(過去問はイベント参加者にお配りしています)。
なお、A0入試の適性検査の内容に関しては公表しておりません。

Q4出願の際、推薦状を添付したいのですが?

Answer

高校推薦入試に関しては、推薦状の提出が必須となっています。
また、一般入試・社会人入試に関してはこちらから提出を求めることはしておりませんが、添付して頂いても構いません。しかしながら、そのことによって直接合否の判定が左右されることはありません。

Q5入学試験ごとの合格定員は何名ですか?

Answer

それぞれの入学試験ごとの合格定員人数は定めておりません。各入学試験で一定基準以上の成績の方が合格となりますので、遅い回ほど倍率は高くなります。
なお定員に達した場合は入試を行わない場合がありますので、早めの受験をお薦めします。

Q6編入制度はありますか?

Answer

2・3年次への編入制度はありません。ただし、本校の基礎科目に関して履修免除制度を導入しています。大学等の他校で履修された科目について、履修免除申請ができます。
申請された科目については、学科にて本校の基礎科目と照合し、免除の許可が下りればその科目に関しては履修免除となります。履修免除申請に関する詳細は入学後にお知らせします。

Q7学費ローンはありますか?

Answer

本校では(株)セディナ、 (株)オリエントコーポレーション、 (株)ジャックスと提携し、「学費サポートプラン」をご案内しています。詳しくは、当校ホームページをご覧下さい。

「学費サポートプラン」の詳細はこちら

Q8学費を分割で支払うことはできますか?

Answer

2017年12月22日までの出願者に限り、特に申し出ることなく2回に分けてお支払いいただくことができます。1回目は入試回ごとに設定されている手続締切日までに、2回目を2018年2月14日までにお振込ください。
それ以上の分納を希望される方は直接、事務局学費担当までお電話にてご連絡ください。(電話:03-5954-1165)

学校生活に関するQ&A

Q11週間の授業のタイムスケジュールを教えて下さい。

Answer

授業は基本的に月〜金に行います。授業時間は、1コマ90分です。昼間部は9:00〜16:10の1日4コマ、夜間部は18:00〜21:10の1日2コマとなります。その他、学外実習や特別講義など、土日に授業を行う場合もあります。

Q2各クラスの年齢層はどれくらいですか?

Answer

「入学者状況(2017年度)」をご覧下さい。

「入学者状況」はこちら(PDFファイルが開きます)

Q3学外実習に要する日数はどのくらいありますか?

Answer

昼間部・夜間部ともに1、2年次で数日間の見学実習、3年次で3~8週間程度の評価実習、4年次で8週間×2回の臨床実習が、病院や施設等において実施されます。
夜間部の方も日中での実施となりますのでご了承ください。

Q4学外実習等における費用は通常の学費とは別途徴収されるのですか?

Answer

いいえ、実習費は学費に含まれていますので、すべてその中で学校の責任においてまかなうことになります。実習病院・施設の確保、実習に要する経費、遠方での実習における宿泊先の確保及びその賃貸借料、実習先と自宅等の往復旅費、自宅等から実習先へ通学する場合の交通費などがその対象となります。
なお、実習中必要な交通費等は学生が立て替え、実習終了後に精算しています。ただし、実習中の個人的な食費、光熱費、荷物の送料などは自己負担となります。

Q5アルバイトはできますか?

Answer

昼間部・夜間部ともに、多くの学生がアルバイトをしています。本校は高田馬場で都心に立地していますので、昼間部の授業終了後のアルバイト先は多数あります。思いおもいのアルバイトをして社会経験を積んでください。
また、本校掲示板にリハビリ助手の求人票を常時張り出しています。本校に合格された方には求人票をご紹介しています。

Q6学生寮はありますか?

Answer

本校専用学生寮はありません。しかし、地方出身者の学生のために、指定学生寮を紹介して便宜を図っています。
原則としてすべて個室で、浴室・食堂をはじめ学生生活に必要な設備が整っています。また24時間対応の学生専用マンションも紹介しています。

学生専用マンションの詳細はこちら

Q7サークルはありますか?

Answer

現在、テニス、サッカー、バスケットボール、バレーボールなどのサークルが活動しています。国家試験合格を目標とする入学後の勉強は大変ですが、時には仲間たちと共にスポーツなどで汗を流して気分転換を計り、親交を深めるのも良いでしょう。

夜間部に関するQ&A

Q1在学中、リハビリ助手のアルバイトをしたいのですが学校で紹介していますか?また、未経験者でもアルバイトは可能ですか?

Answer

病院や施設から来たリハビリ助手等の求人を随時掲示板でお知らせし、各自で条件にあった職場を見つけていただいています。
なお、この求人は国家資格取得前の学生対象ですから、経験の有無は問わないものがほとんどです。実際、入学後すぐにリハビリ助手のアルバイトを始めている学生もいます。
なお定期試験前に出勤日数を減らしてくれるなど、学習への配慮してくれる病院や施設も多いので、一般のアルバイトよりも学業に支障をきたしません。

Q2働きながらの通学の場合、実習期間は仕事を休まなければなりませんか?

Answer

評価実習・臨床実習は病院・施設等で日中に行われるため、その間は日中のお仕事は休んでいただくことになります。
3年次の1月から始まる評価実習と4年次の臨床実習の期間は昼間の仕事を続けることは難しくなるでしょう。3年次後半から国家試験受験までは勉学に集中することをお勧めします。

Q3働きながらの通学の場合、仕事と勉学を両立できるか心配なのですが・・・

Answer

確かに昼間働いて夜は学校という生活はきついかもしれません。しかし、夜間部専任教員がクラス担任として個別に相談に乗りますので、どんな些細な悩みでも打ち明けてみてください。本校には面倒見のいい教員が揃っています。
また、様々な経験を持ったクラスの仲間と励まし合いながら学習を進めることで、いろいろな壁を乗り越えています。

Q4昼間部と夜間部の授業時間に違いがあるようですが?

Answer

昼間部と夜間部ではカリキュラムに違いがあります。夜間部の年間授業数は昼間部より少なくなっていますが、厚生労働省で指定されている科目は全て網羅しており、密度の濃い授業を行っています。
例えば、夜間部は昼間部より比較的年齢層が高く、社会人経験のある学生も多いことから、基礎科目(体育・英語・教育学・社会学など)の授業数を若干少なめに設定しています。また、夜間部では夏休みなどの長期休暇を昼間部より短く設定し、授業時間の不足分を補っています。

Q5就職の際、年齢がハンディになることはありますか?

Answer

病院や施設によっては採用条件に年齢制限を設けているところもありますが、40代、50代で就職をした卒業生もいます。
卒業年次に受験することになる国家試験に合格し、国家資格を取得すれば、就職を希望する学生に関しては100%就職できています。

国家試験・就職に関するQ&A

Q1国家試験の合格率を教えて下さい。

Answer

第52回国家試験合格率は、昼間部では理学療法学科・作業療法学科とも100%、夜間部は作業療法学科が96.0%/理学療法学科が96.6%となり、いずれも全国平均(理学療法士90.3%、作業療法士83.7%)を大きく上回りました。国家試験対策については、毎年新たな取り組みを積み重ねることで、開校以来高い合格率を維持しています。
なお本校は「足切り(卒業判定試験を実施して合格ラインに達しない学生を受験させない行為)」を一切行っていません。

Q2理学療法士・作業療法士の国家試験はどういったものですか?

Answer

卒業年次の4年生の2月に受験します。内容はマークシート方式です。合格発表は3月末です。
4年次は臨床実習、就職活動、国家試験の勉強と忙しくなりますが、本校では、学科ごとに特別講義や模擬試験などの試験対策を行っています。作業療法士・理学療法士の国家試験の合格率の全国平均は例年80%~90%前後を推移しています。

Q3卒業生はどのようなところに就職していますか?

Answer

2016年3月卒業生の就職先状況です。

理学療法学科 作業療法学科
病院 80.5% 病院 83.9%
介護老人保健施設 7.3% 介護老人保健施設 5.4%
診療所・開業医 7.3% 診療所・開業医 3.6%
その他(訪問/通所リハ) 2.0% その他(訪問/通所リハ) 7.2%

Q44年次は実習が長期に渡るようですが、就職活動はどのように行っているのですか?

Answer

4年次は8週間にわたる実習を2回行いますが、実習を行う時期は人によって様々です。就職活動は、基本的に実習期間外に行うことになります。全国各地から届いた求人情報を図書室で閲覧することが出来ます。
また、最新の求人情報を定期的にメールで配信しています。

Q5高度専門士の称号が付与されるメリットは何ですか?

Answer

本校の作業療法学科・理学療法学科を卒業すると「高度専門士」の称号が付与されます。当然夜間部でもこの称号は付与されます。一番大きなメリットは、「高度専門士」の称号を付与されると、大学に編入することなく直接大学院に進学することができるということです。
なお、夜間部で「高度専門士」の称号が付与される養成校はほとんどありません。

AO入試に関するQ&A

Q1適性検査とは何をおこなうのですか?

Answer

適性検査とは、医学を学んでいく上で必要な能力的・性格的特性をみる検査です。内容の詳細は公表していませんが、受験のための勉強ではなく、普段の地道な学習の成果を見る検査で、対策や準備は特に必要ありません。

Q2個別面談とは何ですか?

Answer

作業療法士・理学療法士を志した動機や、本校に入学する意志を持っているか等を確認させて頂くとともに、受験生にも本校を良く知っていただき、相互理解を深めるための面談になります。

Q3体験入学や学校説明会に複数回参加した方が合格に有利なのでしょうか?

Answer

本校イベント(体験入学、学校説明会、AO入試セミナー等)に参加して頂ければAOエントリー資格は得られます。参加の回数によって合否を判断することはありません。
しかしながら、いろいろなイベントに参加された方が、作業療法・理学療法と本校の特色についてより深く知っていただけると思います。参加希望の方は、ホームページのイベントページからご予約ください。電話でも予約を受付けています。

イベントページはこちら