繋がり続ける卒業生たちの“日リハ愛”!

2018.11.02

日リハは今年で開校22年目を迎え、2022名もの卒業生を理学療法士・作業療法士として、現場に送り出してきました。

そんなたくさんの卒業生が、授業や実習など、いろいろなシーンで日リハを強力にバックアップしてくれています。

そして、日リハの卒業生は卒業生同士のつながりも深いことが特徴で、「日リハ同窓会」としての活動も、定期的に行っています。

今回の日リハの人々では、作業療法学科昼間部を卒業し、昨年まで同窓会長を務められていた名取綜一郎さんにインタビューしました。

 

日リハの人々Vol.24 作業療法学科昼間部卒業生 名取綜一郎さん

natori

 

「今を乗り越え、日リハ卒業生として共に」

 

平成24年度に日リハを卒業し、成田赤十字病院にて作業療法士として活躍している名取さん。

実は、もともとは理学療法士を目指していた・・・?という名取さんが、作業療法士を目指すことにした(意外な?)理由も必見です!

 

名取さんのインタビューはこちら

 

このページを共有する

関連記事