みなさんの経験やスキル、生かせます。

2017.11.17

あなたは今までにどんな経験をされてきましたか?

例えば。。。

  • 高校3年間吹奏楽部に所属している
  • IT企業でSEをしている
  • 飲み屋さんで接客をしている

などなど、ほんの一部ですが、人それぞれ様々な経験をお持ちのはずです。

そして、その経験の中で、身についたスキルも必ずあるはずです。

  • 高校3年間吹奏楽部に所属していた
    → 厳しい練習に耐えて、楽器をマスター!今ではプロ級の腕前に。
  • IT企業でSEをしていた
    → パソコン関連の知識が豊富!リーダーとしてチームをけん引
  • 飲み屋さんで接客をしていた
    → 人との接し方が上手!誰とでも分け隔てなく接することができる

そんな今までに身に付けた経験やスキルを役立てることができるのが、作業療法士・理学療法士という仕事の特徴のひとつです。

もちろん、介護士やヘルパーなど、少しでも保健医療福祉の分野に携わったことがある方なら言わずもがな、その経験はとても役立ちますが、全く違う分野での経験やスキルも生かすことができるのです。

 

ではどんな風に生かすことができるのか。

今回「日リハの人々」では、作業療法学科夜間部の松生先生にご登場いただき、みなさんの経験やスキルがどのように役立つのかや、作業療法士という仕事の本質、学生に対する想いなどについて、たくさん語ってもらいました。

pmain13_pc

 

作業療法士・理学療法士は、患者様の人生に直接かかわる仕事です。その分、大きな責任も伴いますが、大きなやりがいや喜びを感じることができる仕事でもあります。

日本リハビリテーション専門学校では、学生一人ひとりの個性に合わせて、「圧倒的めんどうみ主義」で国家試験合格へと導いていきます。

そして、全くの異業種からの転身をはたされ、現在作業療法士・理学療法士として活躍されている方が、とても大勢いらっしゃいます。

 

 

創立20年以上の歴史がある日本リハビリテーション専門学校には、その歴史に裏付けされた経験と、確実に国家試験合格へと導くためのノウハウがあります!

作業療法士・理学療法士を目指そうと考えている方は、まずは一度日本リハビリテーション専門学校の学校説明会にお越しください!

 

学校説明会の日程はこちら

 

 

 

 

このページを共有する

関連記事