実習に向けてどんなことをしているのか?

2017.11.02

 

こんにちは、作業療法学科の松生です。現在当校の作業療法学科昼間部3年生は評価実習の真っ只中です。

 

そして、作業療法学科夜間部3年生は、年明け1月から始まる評価実習に向けて準備の真っ只中にあります。そのため、授業の中では実習に向けた実践的な内容の演習授業も行っています。

では実際に、実習に向けてどんなことをしているのか?実習を想定した授業の取り組みを紹介します。

「身体障害治療学演習」では、現在、“ペーパーペイシェント(紙上患者)に対しての評価計画を作り、実際にその計画に従って、学生同士で患者、検査者役になり検査・測定を実施してみる”といった演習授業を行っています。

 

IMG_7153

 

IMG_7149

 

最初に個人個人で計画を考え、その後グループ単位で内容を吟味することにより、よりふさわしい評価計画を作成していきます。

 

IMG_7156

 

この授業は複数教員で行っており、質問や指導に対応するようにしています

 

IMG_7155

 

IMG_7160

 

先に計画書の作成が終わったグループは、計画書の内容に沿って実際に検査・測定の演習を行っていきます。

実際行ってみると、計画通りにはなかなかいかず、確認をしながら行ったりすることで、時間が予定以上にかかってしまいます。しかし、初めからうまくいくことを想定しておらず、むしろ臨床現場に出る前に、できないことに気づき、修正や学習を積み重ねることを目的に行っています。

 

今後の授業の展開として、今行っている内容の他、下級生との合同授業(3年生と2年生との授業)や、その後にティーチング・アシスタント(T・A)として卒業生の作業療法士の方たちを招き、臨床能力を試す授業を実施する予定です。

 

この経験を通して、少しでも自信を持って臨床実習に臨んでもらいたいと考えています。

 

 

 

このページを共有する

関連記事