日本にたった2人のDNS認定療法士

2017.10.20

DNSという言葉でピンとくる方はいるでしょうか?

 

ITに詳しい方だとDomainNameSystemを、

ジムで体を鍛えている方にはプロテインの名前を、

思い浮かべるかもしれませんが、今回は全く別ものです。

 

ここで言うDNSとは・・・

Dynamic Neuromuscular stabilizationの略で、日本語だと「動的神経筋安定化」と呼ばれています。赤ちゃんの正常な発達運動を基礎にし、動作の安定性と運動制御に着目したリハビリテーションアプローチです。

DNSのサイトはこちら(英語のサイトです)

 

「赤ちゃんトレーニング」と言ったらご存知の方もいらっしゃるでしょうか?テニスの錦織選手やハンマー投げの室伏選手、サッカーの長友選手がトレーニングに取り入れたことでも話題になりましたね。

 

実はこのDNSですが、公式に認定されている療法士は本にたった2人しかいないんです。そのうちの1人が、日リハ理学療法学科夜間部の黒木先生なんです!

 

黒木先生はチェコまで行って講習を受け、認定療法士となったんですよ。すごいですね!!

 

そんな黒木先生、どんな先生か気になりませんか?

ぜひ下の画像から先生のインタビューをご覧ください。

kuroki

 

 

DNSのサイトに、ちゃんと黒木先生のお名前が載ってます!!

 

 

 

このページを共有する

関連記事