緊張の対面

2017.09.18

4年制の日リハでは、3年次に評価実習(3週間×2か所または8週間×1か所)、4年次に総合臨床実習(8週間×2箇所)を行います。

日リハは在学中にたくさんの経験を積んでもらうために、学外での実習をたくさん行っていただいています。

そして、これらの学外実習で実にたくさんの事(技術や知識だけではありません!)を学び、確実に一回りも二回りも成長することができます。

 

 

毎回思う事ですが、長期実習から帰ってきた学生さんたちの成長ぶりには、いつも目を見張るものがあります!!

 

 

さて、そんなわけで今回は、先日開催した3年生の初めての長期実習(評価実習)の為の臨床実習指導者会議の様子をお伝えしたいと思います。。

 

臨床実習指導者会議とは、実習先でお世話になる担当の先生方(スーパーバイザーと呼びます)に日リハにお越しいただき、今回の実習の意図や目的をお伝えし共有するとともに、学生に向けて実習に対しての心構えやその他いろいろな注意事項等を教えていただく場となっています。

今回もお忙しい中、たくさんの施設の先生方にお集まりいただくことができました。中には遠路はるばるお越しいただいた先生もいらっしゃいました。

 

 

sIMG_6909

 

 

まずは全員が先生方の前に並び、学生を代表して1名が挨拶をします。そのあとは、個別面談の時間となります。

 

 

sIMG_6921

 

 

sIMG_6919

 

 

学生にとっては、初めて担当の先生とお会いする日となるので、緊張してしまうのは仕方がないことでしょう。そんな中でも、メモを片手に一生懸命先生の話に耳を傾けています。

 

今回も多数の卒業生が「指導者」としてこの会議に参加してくれました。

実に約1900名もの日リハの卒業生が、全国で活躍しています。

そのたくさんの卒業生が日リハの後輩を応援してくれています!

 

 

sIMG_6938

 

 

こうして、先生方とお会いすると、いよいよ実習が近づいてきたという実感がわいてきますね!

3年生のみなさん、頑張りましょう!!

 

 

 

 

 

このページを共有する

関連記事