快適に生活することができる環境を

2017.09.21

みなさんこんにちは.今回は作業療法学科教員の井口が担当します.

夜間部はわずか2週間の夏休みが終わり8月21日より授業が始まっています.

 

その夜間部3年生の授業科目で「生活環境学」を担当しています.

 

この授業では障害や高齢により日々の生活にお手伝いを必要としている方が快適に生活することができる環境を学生に学んでもらいます.

 

もう少し具体的にいうと,「住宅改修の方法」や「福祉用具」と言われる便利な道具についてです.

 

特に「福祉用具」については授業の一環として学生さんに毎年「国際福祉機器展(@東京ビックサイト)」に参加してもらっています.

 

機器展に参加する前に学生さんが興味のある「福祉用具」を事前に調べてもらい, その過程で疑問に思ったことなどを解決するために実物を手にとって使う,あるいは業者の方に直接インタビューするなど学びを深めています.

 

この「国際福祉機器展」,今年は9月27から29日に開催されます.どなたでも参加できますし参加料は無料です.興味のある方は是非参加してみて下さい.

 

 

 

 

 

このページを共有する

関連記事