日リハの日常〜練習と経験

2017.07.13

みなさんこんにちは。日リハの普段の様子や雰囲気をお伝えしていく「日リハの日常」シリーズvol.3です。

 

前回までの記事を見ていない方はこちらもぜひどうぞ

vol.1 実技練習編

vol.2 ある日の授業

 

Vol.3となる今回も前回に引き続き実技授業の続編として昼間部と夜間部の授業の様子を、途中動画も交えながらお伝えしていきます(表示が遅かったらごめんなさい。。。)ので、授業やクラスの雰囲気を感じてもらえたら嬉しいです。

 

運動学実習〜理学療法学科昼間部編

 

まずは昼間部から。理学療法学科昼間部ではこの日、立ち上がりの動作分析を行なっていました。

 

 

IMG_6273

 

 

この「動作分析」とは、理学療法士・作業療法士にとって、大切なスキルの一つです。理学療法士も作業療法士も、正しく分析ができなければ正しい評価ができませんので、的確なリハビリテーションをすることができないですね。

 

この動作分析に限ったことではありませんが、理学療法士・作業療法士はたくさんの患者様をふれあうことで、たくさんの症例に出会いながら、数多くの経験を積み、セラピストとしてのスキルが向上していきます。

日リハでは在学中もなるべく多くの経験をしてもらうために、外部での実習にたくさん取り組んでいただきますが、その前に学内の授業ではなるべく多く練習する機会を設けています

例えば、今回の動作分析の場合であれば、普段の授業でクラスメイトと交代しながらそれぞれの動作をよく見て、コツを掴む練習を何度も何度も繰り返します。

 

 

IMG_6242

 

 

人それぞれに「クセ」ってありますよね。それと同じように個性や特徴が必ず動きの中に現れてきますので、「ここから始めに動き出す」とか「重心がこんな風に動いている」とかを見極めるために、「見る練習」です。

 

 

IMG_6265

 

 

そして、その分析したこと(自分の頭の中にあること)を人に伝えることができるようになるために、動きを絵で描いてみましょう。

 

 

IMG_6259

 

 

写真だけだと伝わりにくかもしれませんので、短いですが動画をご覧ください。

 

 

※音声はでません

 

何度も立ち上がり、時には自分で体を動かしながら動作分析をしている様子はわかりますか?

 

クラスメイト同士が交代で、何度も何度も繰り返し立ち上がりの分析をする練習をしていきます。こうして4年間(実際には長期実習に行くまでの約2年半)かけて一つ一つの技術をマスターしながら、少しずつステップアップしていきましょう!

 

 

運動学実習〜作業療法学科夜間部編

 

実は、「運動学実習」という科目は理学療法学科だけでなく、作業療法学科にもあります。もちろん昼間部でも夜間部でも同様です。

専門科目の時間数(座学・実技どちらも)は昼間部と夜間部で大きな差はありませんので、夜間部でも昼間部と同じように実技授業を行います。

ということで、今回は作業療法学科夜間部の授業風景をお伝えします。

 

 

IMG_4877

 

 

この日は、天井から重錘をぶら下げて、立位姿勢の観察と測定を行なっています。

被験者役となる学生は、手に重りを持って水平をキープしています。重り一つは1〜3kgとそんなに重くはないですが、ずっと持っているのはなかなか大変そうです。。。^^;

 

 

IMG_4892

 

 

夜間部ということもあり、昼間はお仕事をされていてお疲れの方も多いですが、このような実技の授業ですと、体を動かしながら楽しく学んでいただくことができるのではないでしょうか。

夜間部のクラスの雰囲気が伝わると良いのですが。。。

 

 

IMG_4903

 

 

作業療法士というと、「手先の細かい動き」や、物を作ったりするいわゆる「作業活動」のリハビリテーションをするイメージがある方もいるかもしれませんが、作業療法士も理学療法士と同じように、姿勢・寝返り・立ち上がり・歩行などのリハビリテーションを行うこともありますので、必要な知識や技術はきちんと身につけていただきます。

 

 

IMG_4884

 

 

その上で、

「身体の仕組みをより深く理解している」理学療法士

と、

「生活全般を含めた広い範囲をカバーできる」作業療法士

という特徴があります。

 

そして、こうした実技系の科目はいかにたくさんの経験をするかが大切ですが、学校にいる間だけでは、どうしても限られた経験しかつむことができません。ですので日リハは、学生という立場で患者様と関わり合える「実習」の時間を多く設け、たくさんの経験をさせていただき、しっかりと着実に自分の力とすることができるようなカリキュラムになっています。そのためには3年間では時間が短かすぎて足りません。だから日リハは4年制なんです。

 

 

さてさて、「ところで運動学って何?」って思っている方もいるのではないでしょうか。「運動学」という科目についての説明を教科書から引用させていただきます。

 

 

運動学(kinesiology)は,人の身体運動を科学的に究明する学問であり,理学・作業療法学を学ぶ学生にとって基礎科目の1つとして位置づけられている.その領域は,力学,運動器の構造と働き,神経系システムの運動制御,四肢体幹を支える骨格連鎖システムのメカニズム,姿勢や歩行といった基本運動の仕組みに加え,動作獲得のための運動発達や学習理論なども含められる,とらわれることのないものである.まさに学際的な学問といえよう.人が動作を連続させて生活をしていく以上,その機能の障害は当然ながら大きな問題となる.だからこそ理学・作業療法士は,その機能再建を手助けする役目を担っており,大きな期待がかけられている.

医学書院 標準理学療法学・作業療法学 専門基礎分野 運動学より引用

https://goo.gl/fzXyxF

 

 

 

日リハではこの「運動学」と「解剖学」「生理学」の3科目を初年度から特に重点的に授業を行なっています。これらの科目は理学療法士・作業療法士の基礎知識として重要なことはもちろんですが、実は国家試験に直結するとっても大切な科目なんです!

なので、場合によっては補講を行うなどして、全員がちゃんと理解できるまでしっかりフォローしていきます!

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

もっと詳しく日リハのことが知りたい!と思っていただけたら、ぜひ学校説明会に起こしくだいさい。先生や学生と直接お話して、実際の学校の雰囲気を感じてみてください!

 

学校説明会の日程はこちら

 

 

 

 

 

このページを共有する

関連記事