日リハの日常〜実技練習編

2017.06.07

みなさんこんにちは。今回から、日リハの普段の様子をお伝えするコーナー「日リハの日常」をスタートします。(⌒▽⌒)

学生の普段の様子や授業の様子などを紹介しながら、日リハの雰囲気を少しでも感じてもらえたらと思っています。

 

ということで、記念すべき第1回目は、学生の自習時間(実技練習)を取り上げてみたいと思います。

 

日リハの授業は大きく前期・後期に分かれています。これは理学療法学科でも作業療法学科でも、昼間部でも夜間部でも基本的には同じです。

そして、前期と後期にそれぞれテスト期間が設けられていて、特にそのテスト前(期間中も)は学生のみなさんは自習室や図書室、空いている教室を利用して、グループ学習や自己学習に積極的に取り組んでいます。

※前期・後期の間だけではなく授業に合わせて小テストや実技試験なども随時実施されます。

 

今回は、実技試験直前の理学療法学科昼間部3年生の実技練習の時間にお邪魔して様子をみてきました。

 

 

IMG_20170525_181051

 

 

IMG_20170525_180739

 

 

実は、この実技試験のあとすぐに、今度は OSCEが待っているということで、みんなかなり熱の入った実技練習をしていました。

 

 

IMG_20170525_182336

 

 

手軽にスマートフォンで動画を撮れるので、後で自分達の動きの復習ができますね。

 

 

IMG_20170525_184702

 

 

わからないことがあれば、図書室で調べてみましょう。

 

 

IMG_20170525_182437

 

 

先生の手助けが必要な時は、遠慮なくお願いしてみましょう!自習時間とはいえ、先生は駆けつけてきてしっかり教えてくれますよ!この先生との距離の近さが日リハの魅力の一つでもあると思います!

 

 

IMG_20170525_181449

 

 

そして日リハでは、授業で使っていない教室を学生に開放していて、申請すれば自由に使ってもらえるようにしているのです。もちろん必要であれば、備品なども使うこともできますよ。

 

 

IMG_20170525_180547

 

 

特に実技に関しては、何度もなんども繰り返し練習して体に染み込ませてください。そして、何度か繰り返している時に、ふと「これだ!」と何かコツのようなものを掴める瞬間があると思います。それをぜひ掴んでもらいたいと思っています。

そして、理学療法士・作業療法士になってからも、ここで覚えたことが自然とできるようになってくれれば嬉しいです。

 

以上で、日リハの日常〜実技練習編〜を終了します。

それでは、また2回目をお楽しみに!

 

 

 

 

 

このページを共有する

関連記事