かんだ川会主催 第2回市民講座

2017.03.09

3/5(日) 、日リハの地域社会貢献組織「日本リハビリテーション専門学校かんだ川会」主催の第2回市民講座を開催いたしました。

当日は、一般の方をはじめ、日リハの在校生・卒業生も含めてとてもたくさんの方にご参加いただきました。

 

sIMG_4309

 

今回のテーマは「認知症と食事支援」ということで、理学療法士・作業療法士以外に、介護士・看護師・言語聴覚士・管理栄養士など、すでに医療福祉分野でお仕事をされている方が多く参加してくださいました。

 

 

今回ご講演いただきました3名の先生方。

草野 修輔 先生
(国際医療福祉大学:医師)
~認知症治療の最新トレンドについて~

sIMG_4320

 

 

八子 久美子 先生
(日本福祉教育専門学校:看護師)
~認知症の方の食事について~

sIMG_4328

 
 

野本 惠司 先生
(国立長寿医療研究センター:言語聴覚士)

~嚥下(飲み込み)機能と認知症の方の食事時の注意点について~

sIMG_4336

 

 

認知症や嚥下などに関してエキスパートの先生方からは、事例や最新の情報なども交えながら大変内容の濃いご講演をいただきました。

また、実際に参加者の方に嚥下を実践していただくことで、より理解を深めていただくこともできたと思います。

そして、先生方は参加者からの質問にも一つ一つ丁寧にお答えいただきました。

 

 

 

参加者からの感想
  • 他の現場のやり方や、事例がよく解って又やって欲しい。
  • いろいろな事例が聞けてよかったです。
  • 非常に興味深い内容で、具体的にお話いただけたのでとてもよかった。それぞれ職種の違う講師だったところがよかった。
  • 認知症の理解~嚥下機能ケアの視点、誤嚥性肺炎をなくす為の認知症の方の嚥下機能の理解と食事時の注意点を再確認できました。施設スタッフへの指導に活かしていきたいと思いました。野本先生の話はとても今後のケアに参考になりました(麺類)。
  • 勤務している老健で介護を行う1日で問題となる部分のテーマと内容の為、参加できてよかったです。
  • 先生方の話し方のペースも解りやすかった。すぐに実践出来る内容で良かったです。

 

その他、多数のご意見・ご感想をいただきましたので、来年度以降の市民講座に活かしていきたいと思います。

みなさん、ありがとうございました。

今後とも、かんだ川会をよろしくお願いいたします。

 

sIMG_4305

 

このページを共有する

関連記事