母校で知識の共有

2017.02.12

先日、第10回同窓会セミナーを開催いたしました。

今回のテーマは

  • 「地域で働く作業療法士~その人らしい生活を応援する~」
  • 「精神障害の行動特性」

の2つでした。

 

sIMG_4207

 

まずはじめに第一部では、作業療法学科卒業生の長谷川浩一先生から「地域で働く作業療法士~その人らしい生活を応援する~」をテーマに講演していただきました。

 

IMG_4205 (480x320)

 

地域の中で働いている作業療法士としての役割や今後の展望など、実際の映像も交えながら伝えてくださいました。

 

続いて第二部では、作業療法学科夜間部学科長の深瀬勝久先生から「精神障害の行動特性」をテーマに講演をしていただきました。

 

sIMG_4241

 

スライドでの説明だけでなく、深瀬先生みずからが模擬患者を迫真の演技で披露してくれました。在学中に深瀬先生の授業を受けていない卒業生の方は、「在学中に先生の授業を受けたかった!」と口々に言っていたことが印象的でした。

 

sIMG_4238

 

 

どちらの講演でも、和やかな雰囲気の中にも、みなさん真剣にお話しに聞き入っていたように感じました。

 

ご参加いただいた卒業生のみなさんからの感想を少し紹介いたします。

  • 地域で働くOTの現実がよく理解できたと思います。今後のスキルアップに参考になりました。
  • 今後訪看の中で重要になってくる部分なので、実際の体験を聞くことができて良かったです。
  • リアリティある患者さん役に、実際に担当する利用者様が重なりました。学生指導を含め、リアリティの大切さを感じました。
  • 他領域の模擬的な面接場面が見ることができ、とても勉強になりました。
  • 分かりやすくお話ししていただきよく理解できました。今後の臨床に生かしていきたいと思います。ありがとうございます。

 

また、今後取り上げてほしいテーマについても多数ご意見をいただき、ありがとうございます!

頂いたご意見を参考に、次回同窓会セミナーに活かして行きたいと思います。

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました!

 

sIMG_4249

 

 

 

 

 

このページを共有する

関連記事