恩師の言葉

2017.01.19

あけましておめでとうございます。理学療法学科昼間部の五嶋です。

新年を迎えて既に2週間過ぎましたが、今年最初のブログという事ですので、本年もよろしくお願い致します。

新年を迎え、気持ちを新たに頑張っていらっしゃるかと思います。

皆さんは今年の目標は何にしましたか?

私は、「“たられば”は言わない」です。1月からのドラマでもありますが、「あのときこうすれば…」や「もしこれをやっていたら…」というのは、問題であることはわかるけど、結果には繋がりません。先に後悔しないためにも、問題を先送りせず、行動に移したいと思っています。

 

話は変わりますが、年も越して後期授業も終了したため、現在当校では後期の定期試験を行なっているところです。

試験が合格できないと進級はできません。理学療法士・作業療法士の国家試験の受験資格は理学療法・作業療法学科の専門学校や大学を卒業することが必須なので、臨床実習もそうですが、定期試験を全て合格することが必須になります。

勉強はもちろん易しいものではありませんが、試験の内容は理学療法士・作業療法士になるためには必要な知識であり、ここで何とか暗記で乗り越えたとしても、理解が定着しなければ、その先の段階でつまずく可能性がありますので、しっかり理解してもらいたいと思っています。

 

私の恩師の言葉ですが、

「できる人と比べてできないと感じている人は、できる人よりも勉強量が少ない可能性もある。まずは同じだけ勉強してみることで初めて比較ができるはずだ。」

とおっしゃっていました。

 

自分より優れている人に対して卑屈にならずに、まずはその人のレベルに近づけるよう努力することが大事だと思います。実際、私の周りにもはじめは他の人よりできなくても努力して周囲より結果を出せた人も見てきました。

 

勉強は興味がないとなかなか理解ができないこともありますが、医学の勉強は日々の積み重ねが結果に繋がりますので、「あの時もっと勉強していたら…」と後悔しないよう頑張って、患者様に心身ともに元気になってもらえることができるセラピストになってもらいたいと思います。

 

これから試験を控えている方もたくさんいらっしゃると思います。最近はインフルエンザも流行っているので、手洗いやうがいをしっかりして、本番で力が発揮できるよう、体調管理をしてくださいね。

 

 

 

 

 

このページを共有する

関連記事