卒業生とマンツーマン

2016.07.06

先日、理学療法学科昼間部3年生がTAS(TeachingAssistantSystem)を行いました。
今回は、総勢40名にも及ぶ卒業生に協力してもらい、学生とマンツーマンで手取り足取り教えてもらうことができました。

 

IMG_2951

 

卒業生のみなさんは、仕事後でお疲れにも関わらず、学生のために快く協力をしてくれています。

 

IMG_2970

 

IMG_2965

 

病院や施設などの現場で現役の理学療法士として活躍している卒業生のみなさんが、まるで本当の患者さんのように振る舞ってくれます。

 

IMG_3161

 

3年生は、とても緊張していましたが、今できることを精一杯やっていることが伝わります。

 

IMG_3178

 

IMG_2991

 

この日の為に前もって練習を重ねてきましたが、それでもいざやってみると思うようにできないことがたくさんあります。

 

IMG_3012

 

ですので、実技後のフィードバックはとても内容が濃く、教科書にも載っていないような実践で使える技術や知識を教えてくれます。

 

IMG_3010

 

卒業生が実際にお手本を見せてくれる場面も多く、そんな時に何気なく教えてくれるちょっとしたコツがとっても役立ったりするんですよね。

 

IMG_3004

 

IMG_3007

 

これから、はじめての長期実習を迎える3年生にとって、実践に近い経験ができるとても貴重な時間となりました。

 

IMG_3144

 

IMG_3138

 

このTASも、日リハだからこそできる即戦力への取り組みではないでしょうか!?

日リハの教育の特長はこちら

卒業生のみなさん、いつも快くご協力いただき、本当にありがとうございます!!

 

 

 

このページを共有する

関連記事