高校PTAの学校見学会

2016.07.04

6月24日(金)の午後、埼玉県立入間向陽高校のPTA大学専門学校見学会が行われ、同校の保護者約50名の方々が本校を見学されました。

 

入間向陽高校の出身者が5年連続で本校に入学していることと、医療分野の希望が多いということで、本校を選んでいただいたそうです。

 

当日は、陶山校長からの挨拶のあと、工藤副校長から「日本における医療福祉の現状」について、作業療法学科の齋藤先生から「作業療法士の仕事」について説明させていただきました。

 

IMG_2926

 

その後、理学療法学科2年生の「運動学実習」の授業を見学していただきました。

 

IMG_2943

 

ご回答いただきましたアンケートを拝読させていただきますと、この見学会についておおむねご評価をいただけたかとは思います。

ただ、授業見学の時間を十分に確保できない等、ご満足いただけない点がございましたことは、この場を借りてお詫び申し上げます。

 

まずは、今回の見学会がお子さんと進路のことを話し合うきっかけになればと思います。

 

 

以下に、ご回答いただきましたアンケートの一部をご紹介させていただきます。多数ご感想をいただき、感謝申し上げます。

  • 4年制でじっくり取り組む理由が説明および授業見学で分かった気がしました
  • 子供が理学療法士を考えていたので大学のオープンキャンパスに行きましたが、こちらの専門学校の「即戦力」に惹かれました。丁寧な説明ありがとうございました。
  • 誰かのために喜んでもらえる・・・そんな仕事を自分の子供にさせたいと思いました(私自身がやりたいくらいです)。分かりやすい説明と、笑顔の素敵な学生さんに感動しました。
  • 案内してくださった生徒さんの感じが良かったです。
  • 超高齢化している日本で、理学療法士も作業療法士もとても重要な仕事を担っているなと思いました。
  • 子供が医療系の進学を希望しているため、とても充実した時間を過ごせました。自宅に戻り、子供と話をし、将来どちらの方向に行くか相談したいと思います。
  • 作業療法士は親の視点で子供に勧めたい資格。将来職業として長い間携われる女性にも優しい仕事であると思いました。
  • とても丁寧に説明していただき、興味を持ちました。大学と違って無駄がなく、中身の濃い授業内容で、人に喜んでもらえるやりがいのある仕事で、時間さえあれば我が子より私自身が学びたいと思いました。

 

IMG_2936

 

ご来校ありがとうございました。今度はぜひ、お子さんと一緒に学校説明会にお越しください。

 

 

このページを共有する

関連記事