戦術メモリー

2016.06.09

みなさんこんにちは。作業療法学科夜間部学科長の深瀬です。

6月に入り、いまひとつジメジメした天気が続いております。関東は梅雨入りしたとのこと、体調管理にお気をつけ下さい。

 

さて、作業療法学科夜間部4年生は、今週の月曜日より臨床実習が始まりました。

 

それぞれ病院や施設で頑張っていることと思います。まだまだ緊張が解けない頃であるとは思いますが…

 

4年生は2月末に3週間の実習から帰ってきてから先週まで、一生懸命に実習の準備をしていました。その頑張りは、きっと患者様に伝わることでしょう。

 

IMG_1312

 

私も10数年前の自分の実習の体験を思い出します。

実習初日、緊張していた私を優しく向かい入れてくださった実習指導者の先生方や患者様。そして臨床現場の「厳しさ」や「楽しさ」を肌で体験していき、自分の作業療法士としての基礎を築いていきました。

 

スポーツの世界で「戦術メモリー」という言葉があります。試合の中で起こる戦術や経験の蓄積のことです。試合の中で、状況に応じて適切な選択をするために必要な機能で、練習の時よりも試合を通して養われるものと言われています。

 

soccer

 

ただ何も考えずにプレーしているだけでは「戦術メモリー」は蓄積されず、一つ一つのプレーをきちんと分析し、次に同じような場面があった時にどういう選択をするかを考えることで積み重ねられます。

 

実習では、決して学校で体験できないような経験ができます。いわば試合のようなものです。経験を礎とし、作業療法学生から作業療法士へと成長するために、「戦術メモリー」をたくさん積み重ねて帰ってきてほしいものです。

 

 

 

 

このページを共有する

関連記事